アメリカ横断 RVパークを使いこなせ!

スポンサーリンク

さあ、キャンピングカーをレンタルしたら、目的地となるRVパークを目指しましょう!!
しかし、ここで皆さん疑問があると思います。

、、、、、RVパークって何??

RVパークとは!!!!!?

RVパークと言われても、あまりなじみがないですよね。
RVパークとは、簡単に言うとキャンピングカーで宿泊するための施設です。

キャンピングカー
キャンピングカー+RVパーク = 家

キャンピングカーといえば、別名モーターホームとも呼ばれ、電気・水道・ガスが使えて、何でもできるイメージですよね?

しかし、実はキャンピングカーのみではできることが限られています。
そこで、RVパークを利用することによって、キャンピングカーの力を十分に発揮することができるというわけです。

RVパークではキャンピングカーに電気と水道を引くことができ、
これをすることによって、水や電気が思う存分使えます。
また、シャワーや洗濯機を併設しているRVパークも多く、キャンピングカーユーザーの強力な味方となっています。

キャンプの文化が根付いているアメリカでは、
どんな小さな町にも必ずと言っていいほどRVパークがあります。
なんと、その数は10,000カ所をはるかに超えるとか…!!

キャンピングカーを運転する際は絶対に使ってみてください。

RVパークの使い方

さて、RVパークを理解したところで、使い方も把握しなければなりませんね。
続いてはRVパークの使い方について解説します。

それぞれのRVパークには、基本的にはメインとなるオフィス(受付)があり、
そこで宿泊日数を伝え、料金を支払いチェックインを行います。
パークの敷地内は番号によって区分けされており、
チェックインをすると、その日に停泊できるスペースの番号を教えてもらえるので、パーク内の同一番号のスペースに停泊します。

車を停めた後は、いざセッティングです!
停まった場所にはコンセントのついた柱があるので、キャンピングカーの電気ケーブルとつなぎます。
近くに水道栓もあるはずなので、キャンピングカーの給水ケーブルとつないでください。
最後に、排水溝に排水ホースを接続します。

これで、電気も水道も使い放題、排水も流し放題です!笑
また、RVパークによってはケーブルTVのケーブルもあり、社内でテレビを見ることも可能です。

翌日は出発の際に、宿泊前と同じ状態に戻しておけばOKです。
チェックアウト等も特にする必要はありません。
※施設によってはチェックアウト時に料金を支払うところもあるので、
チェックインの際に確認してみてください。
出発したら次の目的地を目指しましょう!!
このように、キャンピングカーの旅では目的地の間にあるRVパークに宿泊しながら旅を続けます。
RVパークの使い方をマスターして、様々な観光スポットに訪れてみてください!!