『フルハウス』のロケ地を巡ろう!!

スポンサーリンク

『フルハウス』の舞台へ飛び込め!!

『FULL HOUSE』と言ったらアメリカで最も有名なホームドラマの1つですよね。
また、最近では、『FULL HOUSE』の続編の『フラーハウス』も配信されていて、人気が再燃していますね!
ドラマの中のおしゃれな家と、素敵な町並みを見ていると「いいなあ」、「アメリカ住みたいなあ」なんて思う人も多いと思います。

、、、実はあのおうちや街並みは実在するんです!!
きっと、びっくりされた方も多いと思います。
『FULL HOUSE』ファンの方なら、一度はあの街に住みたいって思ったことがあるはずでしょう!
本日は、その『FULL HOUSE』の舞台(ロケ地)を紹介していきたいと思います!!

『FULL HOUSE』の舞台 ~サンフランシスコ~

そんな『FULL HOUSE』の舞台はどこかというと、、、

そう、サンフランシスコです!!!!
『FULL HOUSE』のオープニング・エンディングやストーリー中にもサンフランシスコの風物詩がたくさん出てきているので、サンフランシスコが舞台というのは有名な話ですね!

また、サンフランシスコといえば、日本人の観光地としても有名で、
JAPANESE TOWNもあるので親日的で親しみ深い街だと思います。

そんなサンフランシスコの一角に、『FULL HOUSE』の舞台になったお家があります!
他にも、ドラマ中に出てくる場所はほとんどがサンフランシスコのものです!

タナー家のおうちはどこ?

数ある舞台の中でも、皆さんが最も訪れたいと思う場所が、ダニーやDJ、ステファニー達が住む「タナー家」でしょう!!

さて、まずはタナー家の場所を説明したいと思います。
オープニングでアラモスクエアの公園でタナー家でピクニックをしているので、アラモスクエアのところにあるお家と思われがちですが、実は違う場所にあります。

フルハウスのお話の中では、タナー家の住所は「Gerard Street」となっていますが、これは存在しない住所です。
実際にモデルとなった家は、「Broderick Street」にあると言われています。
実際に住んでいる方がいるので、詳細な住所は公表できませんが、「Broderick Street」上の「Pine Street」と「Bush Street」の間にありますよ!

Google map 座標:Broderick Street

実際の場所はこんな感じの雰囲気になっています。

©tabi-runrun.com

この中に、ダニー家のモデルとなったお家があります!
実際に家の前まで行ってみました!

©tabi-runrun.com

ここがダニー家のモデルと言われています!!
フルハウスの世界観が感じられます!とてもテンションが上がってしまいました。笑

ちなみに、私が訪問した際はこのお家は「白色」だったのですが、今は別の人の手に渡り「青色」になってしまっているようです。(※下の写真参照)

©tabi-runrun.com

なんだか、フルハウスの雰囲気がなくなってしまっていて少し残念ではありますね。
しかし、モデルになっている家で間違いはないので、せっかくの記念として是非行ってみてください!
※このお家には実際に住んでいる人がいるので、騒いだり写真を撮りすぎたりするのはご遠慮下さいね。笑

一家のピクニック現場に行こう!

フルハウスでもう1つイメージがあるのが「一家でピクニックをしている公園」ではないでしょうか?
毎回、オープニングで出てくるので頭の中に残っている方も多いと思います。

この公演ですが「アラモスクエア」というところにあります!!
このアラモスクエアにある公園の「Alamo Square Park」がピクニックの舞台です!
意外と広い公園なのですが、ピクニックの現場は「Hayes Street」「Steiner Street」の交差点付近にあります!

Google map 座標:Alamo Square Park

現地はこんな感じになってますよ!

©tabi-runrun.com

ここが、まさに一家がピクニックをしていた場所です!
目の前にはダニー家に似た家がたくさんあり、フルハウスの世界観に浸れますよ!

自転車でかけ下りていた「くねくね坂」に行こう!

日本ではカットされていたこともあり、馴染みがない方もいると思いますが、オープニングにてダニーが自転車でかけ下りている坂があります。
せっかくなので、あの坂の場所についても説明しておきますね!

あの坂は「Lombard Street」といって「世界で最も曲がりくねった坂」です!!

©tabi-runrun.com

フルハウスのオープニングでは、ダニーが自転車の後ろにステファニーを乗せて、この坂をかけ下りています!!
実際には車専用の道なので、自転車で走ることはできないのですが、フルハウスファンの方なら、是非この坂を走って降りてみてください!

「Lombard Street」の行き方は、ガイドにも乗っていることが多いので割愛させていただきますね。笑

いかがだったでしょうか?
フルハウスファンの方は見ていてワクワクした方も多いのではないかと思います!

今回紹介したのは、フルハウスに登場する場所のほんの一部ですが、サンフランシスコにはフルハウスの舞台がまだまだあります!!
サンフランシスコに行った際には是非、フルハウスのロケ地巡りをしてみてください!!