ネバダ州第二のカジノ都市「RENO」

スポンサーリンク

The Biggest Little City In The World

ネバダ州リノと聞いてピンとくる日本人は少ないと思います。
留学先としては有名なので、アメリカ留学について調べたことがある方は知っているかもしれませんが、おそらくほとんどの方は初めて聞くのではないでしょうか。

今回は、ネバダ州第二の都市であるリノについて紹介していきます。

ネバダ州リノとは?有名なアーチの場所はどこ?

リノはネバダ州にある都市の名称で、ラスベガスに次ぐ第二の都市となっています。
ラスベガスがネバダ州の南部に位置する一方、リノはネバダの北西部に位置します。

カジノの街としても有名で街中にはたくさんのカジノがあり、にぎわっています。
そんなリノですが「The Biggest Little City In The World」(世界で一番大きい小都市)というニックネームが付けられていて、街にはそのアーチもあります。

©tabi-runrun.com

このアーチはダウンタウンの中心部付近にあるのですが、実はこれは2代目らしいです。
ELDORADというカジノホテルの近くにありますよ。
Google座標:RINOアーチ(2代目)

初代のアーチは同じダウンタウン内でも少し離れた場所にあり、
ここまで派手ではありません。
ダウンタウンにはトラッキー川という川が流れていて、
川の反対側からリノのダウンタウン中心部に入るところに初代のアーチがあります。
Google座標:RINOアーチ(初代)

©tabi-runrun.com

せっかくなので両方行くことをおススメします!!

リノでおススメの観光は?

そんな隠れた都市「リノ」ですが、観光名所としてどんなものがあるのか紹介していきます。

  • カジノホテル
    やっぱりカジノホテルを忘れてはいけません。リノはラスベガスに次ぐカジノ都市です。
    有名なカジノホテルとしては「サーカスサーカス」や「ELDORAD」などがあります。
    カジノホテルではカジノを楽しめることはもちろん、レストランやゲームセンターも併設されているので未成年の人でも楽しめますよ!

    ©tabi-runrun.com

    カジノホテルについては下記の記事でおすすめカジノのまとめを紹介しています!
    【記事】リノのおすすめカジノホテルまとめ

  • ナショナル・オートモービル・ミュージアム
    クラシックなアメ車がたくさん展示されていて、車好きにはたまらない空間です。
    とても保存状態の良い、アメ車がおよそ200台近く展示されています。
    大人は12ドル、18歳以下は6ドルで入場することができますよ。
    場所は先ほど紹介したリノのアーチ(初代)のすぐ近く(というか隣)です。

    Google座標:National Automobile Museum車好きな方は是非行ってみてください!

  • レイク・タホ(Lake Tahoe)
    リノに行ったら「最も行って欲しい」一押しスポットです!
    ネバダ州とカリフォルニア州の州境にある大きな湖で、リノからは車で1時間程です。
    山間部にあり、水もとても綺麗で、自然の素晴らしさを肌で感じることができます。
    冬にはスノーボード場としても賑わっていますよ。
    絶対に行くことをおススメします!!

    Google座標:レイク・タホ

    ©tabi-runrun.com




    レイクタホについては下記記事でおすすめや行き方のまとめを紹介しています!
    【記事】レイクタホの行き方・おすすめポイント
  • ネバダ大学リノ校
    海外に行った時に現地の大学巡りをする方も多いのではないでしょうか。
    私もれっきとした海外の大学ファンです。笑
    ネバダ大学リノ校の英語名で「University of Nevada, Reno」となっており、「UNR」というニックネームで呼ばれています。
    アメフトやバスケなどスポーツが盛んで、大学構内にバスケスタジアム、アメフトスタジアム、野球場があります。
    ダウンタウンからも歩いてすぐなので、是非ふらっと立ち寄ってみてください!

    Google座標:University of Nevada, Reno (UNR)

    ©tabi-runrun.com

    夜の写真しかなくて見にくいですが、とにかく広くて大学内に道路があります。



「リノ」へのアクセス

意外と魅力の多いリノですが、交通のアクセスはお世辞にもいいとは言えません。
公共の交通機関でリノに行く方法は大きく以下の3つがあります。

  • 飛行機
    リノの窓口となっているのは、
    「リノ・タホ国際空港(Reno-Tahoe International Airport)」
    です。
    日本から行く場合は直行便がないため、シアトルやロサンゼルスを経由して行きます。カジノの街ということもあって、空港内にもスロットがありますよ!笑
    空港からダウンタウンもあまり離れておらず、20ドルもあれば行けます。Google座標:リノ・タホ国際空港(Reno-Tahoe International Airport)

  • 長距離バス「グレイハウンド」
    サンフランシスコやサクラメントから長距離バスで行くこともできます。
    長距離バスの良いところは「とにかく安い」ことです。快速のバスに乗ると、サンフランシスコからは約5時間、サクラメントからは約2時間30分でリノに到着します。
    バスの最安料金はともに5.5ドルで、高くても12ドルくらいです。安くて楽に行くことができるのでオススメです!!Google座標:Greyhound Station – Reno

  • 長距離列車「アムトラック」
    アムトラックとはアメリカ大陸中を運行している長距離列車になります。
    日本の「新幹線」に当たると思いますが、スピードはものすごく遅いです。笑
    リノにもアムトラックの駅があって、
    サンフランシスコとシカゴを結ぶ「カリフォルニア・ゼファー号」が運行しています。

    ©tabi-runrun.com

    確か1日1便とかだったので運行本数は少ないです。
    スピードも遅いため、サンフランシスコ~リノ間で約7時間もかかります。
    、、、長距離バスよりも遅いですね。笑

    あまりおススメはしませんが、アメリカの長距離列車を経験してみたいという方はチャレンジしてみてください。


    リノのAmtrack Stationの位置情報は下記のとおりです。
    Google座標:Amtrack Station – Reno


隠れた名所「リノ」の紹介でしたが、いかがだったでしょうか?
気になるところがあった方は是非行ってみてください!!