ハワイ イルカと泳いでみんなに自慢しよう!

スポンサーリンク

イルカと泳ぐ夢、叶いました!!

ハワイに行ったら絶対にしたかったことがイルカと泳ぐツアーに参加することでした。

私は知らなかったのですが、実は、
本格的にイルカと泳ぐには素潜りでしか会うことができないらしいです!
ボンベを背負ってスキューバダイビングでイルカに会うツアーはあまりないのそうです。
イルカが怖がってしまうので。

素潜りなんて泳げる人しかできないし、私には無理だったので今回は”シュノーケルでイルカに会う”というツアーに参加しました。

キャプテン↓ 出発~♪

©tabi-runrun.com

おすすめイルカツアー
”Sea Hawaii”

私が選んだツアー会社は“Sea Hawaii”です。
選んだ理由は、

・ツアー人気No.1
・他のツアーよりも少し料金が安い
・BBQなどのオプションがついていない
・13時までにホテルに帰れる
・万が一イルカに会えない場合は、再乗船券がもらえる(要確認)

などの理由です!

ガイドやキャプテンは外人なのですが、日本語をカタコトでも喋れるので安心でした。
また日本人ガイドでないので、海外雰囲気もちゃんと味わえます!
(お客さんは全員日本人だったけど笑)

イルカツアー レビュー

90%イルカに会えると言われてますが、会いに行くのは野生のイルカなので、もちろんそうじゃない日もやはりあるみたいです。
“Sea Hawaii”では、万が一イルカに会えない場合は、再乗船券がもらえるということも言われたので少し安心です。(←要確認お願いします)

ツアーの流れ

朝はとても早く7時くらいにホテルにピックアップでした。
そこから大き目の車でギュウギュウになりながら、ワイアナエ・ボート・ハーバーへ向かいます。(Google map座標:Waianae Boat Harbor

ワイアナエ・ボート・ハーバーで、ボートに乗ります。
黄色の船が乗った船です↓

©tabi-runrun.com

ボートでは船酔い注意なので、私は船酔いの薬”アネロン”を飲んでおきます。ボートに乗る直前でなく朝ごはんの前に飲むのをおすすめします。
シュノーケルで海に入ったときも波で揺られるので、これも結構気持ち悪くなります。

ボートに乗って一通りシュノーケルの説明を受けると、ライフジャケットが配られるのでそれを着ます。
この時に必ず水着は服の下に着ておいてくださいね。更衣室なんてないのでそのまま服を脱いでライフジャケット着るかんじです。

©tabi-runrun.com

ボートに乗っている間にすでにイルカの群れが発見できました!!!
もうこれだけでも嬉しくなってしまいます笑
すこしジャンプして顔出すと可愛かったです。うじゃうじゃいました笑

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

ボートが止まったら、海にドボンするのですが、少し勇気いりました笑
そのとき教えてくれたのが、スキューバダイビングでやる”シッティングバックロールエントリー”(海に背を向けて座って背中を倒して海に入る)でした。
6歳時から参加できるとあるのですが、6歳時にはちょっと怖いんじゃないかなぁって思いながら海へドボン。
ライフジャケット着ているし、普通に飛び込んで良いと思います笑(その際はしっかりシュノーケルをくわえてくださいね!)

ハワイの海の透明度は、普通くらいに感じました。
シュノーケルなので水面にいるから、そう感じたのかもしれません。
小さいお魚もバッチリ見えました!

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

そしてお目当てのイルカも!!!
みんながイルカだ!っていって向かうともういなかったりするので、常に探してます。
タイミングが重要のようです。
群れで泳いでいるので、一匹見つけると何匹も同時に見ることができます。

©tabi-runrun.com

海の下の方を泳いでいるイルカに沢山遭遇しました。
残念ながら、隣で一緒に泳ぐには、素潜りでないと厳しそうです、、、。
下の方を泳いでいるイルカと一緒に泳ぎたいあまり、ライフジャケットを脱いで素潜りがしたくてしょうがなかったです笑
イルカは本当に見飽きるほど会うことができました!

©tabi-runrun.com

他にカメにも遭遇することができました。
ガイドさんにカメの親子が住んでいる場所を教えてもらいました。
やはりこれも上から見ることはできたのですが、ライフジャケットで浮いているので、近づくことができませんでした。一緒に泳ぎたかったです笑
ハワイで海ガメに出会うと幸せになれるそうです!

©tabi-runrun.com

またガイドさんは、素潜りができるので、自由に素潜りで泳いでいて、サメを下の方で見つけたと言ってくれたので、私の防水ビデオカメラを片手に素潜りでサメの動画をとってきてくれました!まだ小さな赤ちゃんサメでした。
素潜りいいなぁ!!!!!

©tabi-runrun.com

シュノーケルスポットは全部で2か所行きました!
1か所行って、ボートで移動して2か所目というかんじです。

終わる時は名残惜しく、私はなかなか海から出れませんでした笑

帰り際には、軽食を食べながら帰ります。
“Sea Hawaii”オリジナルバッグに入ったフルーツ、ジュース、ポテチ、サンドイッチなどが入ってたと思います。
バッグのデザインは年によって違うみたいですが、私たちのときはこれでした↓

ホノルルには予定通り13時頃到着できました!
こんなにいろいろ動いたのに、まだ半日なんて素晴らしいです笑

“Sea Hawaii” 予約

“Sea Hawaii”は直接予約を受け付けていなく、代理店を通しての予約になるみたいです。
下記が代理店予約サイトです。
HISとVELTRAから予約できます。

HIS Sea Hawaii イルカツアー

VELTRA Sea Hawaiiイルカツアー

値段はほとんど、
大人 137$(12歳以上)
子供 100$(6歳~11歳)

代理店によって特典が違うみたいなので要チェックです!

イルカツアーについてアドバイス

イルカツアーに参加してこうしておいたほうがいいというアドバイスを紹介します。
かっこよかったガイドさん↓

©tabi-runrun.com

■イルカと一緒に泳げると思いすぎないこと!
わたしみたいにイルカと泳いで戯れることを想像すると、少し違います。
イルカの隣で一緒に泳ぐというよりかは、私たちは水面にいるので、泳いでいるイルカを上から見るというかんじです。それでも船の上から見るよりは結構感動します!

■中に水着を着て、ワンピースやショーパンなどのよごれて良い恰好で参加する!
船には更衣室がないので、みんなその場で水着になります。その際に中に着ておくことは必須です。また、海から上がったときに服をきるのですが、シャワーはないので、ベタベタなまま服を着るのでよごれても良い服がベストです。

■午後の予定をパツパツにしない
船の上でバーベキューのないツアーはたいていどのツアー会社のでも13時ごろホノルルに着くようになっています。しかし、13時を過ぎることも全然あると思うのでお店の予約などはあまりしないほうがいいです。しかも、海から出たままなので、時間をパツパツにしてしまうとシャワする時間がなくなってしまいます。
私は14時にウルフギャングを予約してしまい、かなり焦りました笑

■船酔い止めを飲む
船酔いは楽しみの敵なので飲んでおいたほうがいいです。

■長袖カーディガンと帽子をもっていく
日差しが強いうえ、船の上で屋根があるところは限られるので、日焼け対策にも持っていくことをおすすめします。

■防水カメラは必ず持参!
防水カメラなんて買わないとないかもしれませんが、iPhoneに防水カバーをつけて持っていくことをオススメします。スキューバダイビングみたいに何十メートルも潜らないので、水が防水カバーに侵入しないかぎり大丈夫です。
防水ビデオカメラはかなりオススメです!

これらのことを参考にぜひイルカツアーの参加を検討してみてください!!!