青の洞窟で有名!カプリ島☆

スポンサーリンク

長期休みこそ、カプリ島!

夏休みにヨーロッパへ旅行へ行くカップル、家族は多いですよね!
長期休みも取れるこの時期にヨーロッパ1週間の旅行へ行ける人もいると思うので、そんな時期こそカプリ島へ行くことをオススメします。

©tabi-runrun.com

カプリ島は、イタリアナポリ近くにある島です。
有名な青の洞窟がある島です。

カプリ島へはどうやって?

カプリ島へは直行便がないので、イタリアのナポリやローマで飛行機で行って船で行きます。カプリ島で旅行する際にはパターン①と②があると思います。

©tabi-runrun.com

①優雅に8日間カプリ島で過ごす

②イタリア旅行のついでにカプリ島へ1日だけ寄る

当サイト主は格安旅行が中心なので②を紹介します笑

私は、ヴェネチア・フィレンツェ・ローマの順で旅行をしていたので、ローマからカプリ島へ行きました。

ローマからカプリ島へ!!

カプリ島へ行くには、ローマからか、ナポリからが基本です!

どっちかだったら、
ナポリ⇒カプリ島が一番簡単です!

ナポリの港の「モーロベベレッロ港」からカプリ島へ行くからです。

しかし、私はナポリへ行く予定がなかったので、ローマからナポリの港までバスで行って、港から船でカプリ島へ行きました。

もちろんすべて自力でバスと船を手配してカプリ島まで行くことはできますが、ナポリの港の「モーロベベレッロ港」が結構ゴチャゴチャしてて難しそうだったので、苦手ですがツアー参加にしました!

©tabi-runrun.com

ツアーに参加する時は結構徹底的にオプショナルツアーの情報を探します笑

その中で決めたのがこのツアー↓↓
カプリ島&青の洞窟 日本語ツアー

このツアーは、ローマからカプリ島の青洞窟まで、徹底的にお世話してくれるツアーなのでとても楽ちん!!!

©tabi-runrun.com

あまりお勧めしないツアー↓↓
他にも、ナポリのポンペイで遺跡を観光した後にカプリ島の青の洞窟へ行くツアーがあります。

ポンペイ&ソレント&カプリ&ナポリ 日本語ガイドツアー

こんな盛沢山でよさそう!!と思いがちなのですが、カプリ島をゆっくり滞在&観光ができないので私はこれはあんまりだと思いました!
せっかくカプリ島へ来たから、青の洞窟以外の自然や島の雰囲気も感じたい人には向かない気がします。
(※私個人の意見です。)

カプリ島ツアーについて!

まずは、ローマのテルミニ駅近くでツアーバスに乗って約2時間かけてナポリへ行きます。

朝7時ごろの集合なのでバスではゆっくり寝ました。

ナポリに着くと、バスの窓から「ヌオーヴォ城」という観光地が見えました。

©tabi-runrun.com

そのすぐ近くがカプリ島へ行く港のモーロベベレッロ港です。

港は口コミ通り、いろいろな船がありどれがカプリ島へ行ったらよいか全くわからず、自力でカプリ島へ行くようなことをしないで正解でした。
日本人ガイドのおじさんへついて行って、船のチケットをもらっていきました。

日本人ガイドのおじさんはこの大きい船に乗れるんだよ、と教えてくれましたが、実際がこんな立派な船ではありませんでした、軽く騙されました笑
立派な船↓ ※この立派な船でカプリ島ではありません。

©tabi-runrun.com

ナポリの港「モーロベベレッロ港」から約1時間ほど船に乗ってカプリ島へ行きます。
船には犬も乗っていました。
カプリ島ではトイレへあまり寄れないのとあんまり綺麗じゃないのとで、船の中ですませるのがいいです!!!

©tabi-runrun.com

カプリ島内でのツアーの様子!

カプリ島で到着した港は、「マリーナ・グランデ」です。

カプリ島に到着すると、
予定ではすぐに青の洞窟だったのですが、
青の洞窟は大変人気で混んでいるから、先に島散策と言われました。

日本人ガイドのおじさんが知り合いと連携して情報を得ています。
頼もしかったです。

©tabi-runrun.com

島の上の方へ行くため、バスに乗ります。

©tabi-runrun.com

街を上から見るととても綺麗でした!

©tabi-runrun.com

街散策では、お土産屋さんを見たりするのですが、サンダルをその場で作ってくれるお土産屋さんがありました。

©tabi-runrun.com

あとは、イタリア本土でも売ってるけどレモンチェッロのカプリバージョン!
カプリ島はレモンの産地なのでそこら中にレモンの木があります。
なので、カプリバージョンのレモンチェッロはお土産にピッタリです!

©tabi-runrun.com

お昼もツアーについています。
1つはパスタと間違えるほどイカが大量に入っているパスタ。
もう一つはそのリゾットバージョン。
味はそんなに美味しくないです笑
トイレもあまり綺麗でなく、あまり行きたくないので飲み食いがあまりしないほうがいいかもです笑

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

青の洞窟へ☆彡

今回の旅のメインイベント!
青の洞窟へ向かうためバスで崖の下へ向かっていきます。

青の洞窟まで船で行かずに、崖の階段から下って青の洞窟へいく作戦です。
この作戦が大成功でした!
青の洞窟は洞窟まで入るのにやっぱり大混雑!
船で青の洞窟に入るのを待っていたら船酔いが激しく気持ち悪くなってしまってました。
今回崖の階段で順番待ちをしていた私たちは、ベテラン日本人ガイドのおじさんの言う通りにして大正解です。

海の上で順番を待つ船たち↓

©tabi-runrun.com

崖の階段で順番を待つ人たち↓

©tabi-runrun.com

崖の階段で待っている間、ベテラン日本人ガイドのおじさんがカプリ島で1番美味しいレモンジュースがこの崖に売っていると教えてくれたので、飲みながら待機していました。

©tabi-runrun.com

カプリ島で、もし崖から青の洞窟へ行くことになったら、ここのレモンジュースを飲んでみてください!めちゃめちゃ美味しいです!!

崖の階段で順番を待って、順番がまわってくると、小型のヨット?に乗ります。
洞窟の穴はとても小さいので、小型のヨット?であおむけに寝て入ります。

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

青の洞窟へ入ると真っ暗で怖いですが、水が青く光っているので本当にとても綺麗でした☆彡
洞窟は奥深くないので、入っていたのは1分くらいですが、とても綺麗で、写真にはその綺麗さはおさめきれませんでした。
小さなヨットをこいでくれたおじさんがイタリアのカンツォーネをうたってくれて雰囲気もでます!

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

見終わった後は、崖に戻らず、中くらいの船に乗って、カプリ島についたときの港へ戻ります。
一瞬のひと時ですが、とても素晴らしい時間でした。

帰り&まとめ

そのあとは、港周辺をふらふら自由に散策して、船にのりナポリへ戻ります。

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

ナポリへ戻ると、ローマまでまたバスで帰りクタクタの旅でした。

移動が多くクタクタの旅でしたが、自力では行けない島へ旅出来てとても充実していました。
ベテラン日本人ガイドのおじさんは、イタリアのついでにカプリ島へ来るのでなく、カプリ島目当てでイタリアに来るべきだととても推していました。

でもたしかに、弾丸で日帰りで来る場所でなく、ゆっくり贅沢に訪れる場所だと、行ってみてわかりました。

初めに、

>カプリ島で旅行する際にはパターン①と②があると思います。
>①優雅に8日間カプリ島で過ごす
>②イタリア旅行のついでにカプリ島へ1日だけ寄る

といって私は②を紹介しましたが、お金持ちの方は、ぜひ、①でカプリ島へ行ってみてください!!!!
↓↓↓

カプリ島のみステイツアー

いつかカプリ島だけ行ってのんびりバカンスを過ごしてみたいです。

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com