素敵な写真が撮れる島!タイの絶景ナンユアン島!

スポンサーリンク

タイの絶景ナンユアン島

タイの極楽スポット、サムイ島からフェリーで2時間くらいの小さな島で、サムイ島で滞在した人には必ず行ってほしい島です。

©tabi-runrun.com

サムイ島について詳しくは下記記事で!
本当に極楽を味わうためだけの島です笑

タイ サムイ島 基本情報

ナンユアン島はタオ島という中くらいの島の隣にある、とても小さな小さな島です。

出典:https://www.google.co.jp/maps/@10.0965509,99.8291588,12.54z

ナンユアン島はどんな島?

極楽の島、サムイ島から高速船で約1時間30分くらいかけていく小さな島なのですが、とても面白い形をしています!!

浜辺の両サイドに海があるというナンユアン島は、シュノーケルやダイビングにピッタリの島です。海もとても綺麗なので、綺麗な海でのんびりしたい~人にはオススメです!

サムイ島はビーチが沢山あり綺麗なのですが、沖縄ほど綺麗ではないので、サムイ島に行ったらナンユアン島へ行くことは必須だと思っています!

また、インスタグラムに載せるにもピッタリの絶景スポットです!

サムイ島から
ナンユアン島へどうやって行くの?

今回は、日本からナンユアン島へ直接行く行き方でなく、サムイ島へ滞在したのを前提に紹介します!

ナンユアン島へは、自力で船のチケットを買って結構簡単に行くことができますが、港まで行くのにタクシーを使っていったりしなければいけないので、私たちはサムイ島の現地日本人旅行代理店に頼んんで船チケットを手配しました。


出典:http://www.lomprayah.com/

ナンユアン島への船チケット手配

サムイ島のメナム港から船が出ています。ナンユアン島へは、大型高速船のLOMRPAYAH社で行くようです。


出典:http://www.lomprayah.com/

代理店に頼んで船チケットを手配していたので、送迎がついていて、港まで行くのは簡単でした。

ですが、チケット発券は自分たちでやって少し手こずりました><
(お金は事前に払っていて、引き換えの紙をネットで送られてきました!)

発券に手こずった理由は、ナンユアン島に限らず、この港ではサムイ島周辺の沢山島へ行く人たちでごったがえしていたので、自分たちが並んでいる窓口がどこ行きなのかわからず、どこを並んでもここじゃないと言われてしまいました。。。。

©tabi-runrun.com

今回船チケットをお願いしていた代理店はこちらです!
↓↓
http://soma-samui.com/jp/?page_id=19523#lomprayah

他にもマッサージの予約もここで予約をお願いしたりしました!

自力でナンユアン島へ行く場合!

自分でネットで船のチケットを買って、現地で発見します。
送迎はつかないので、タクシーを使うなど手配が必要です。

大型高速船のLOMRPAYAH社チケット
http://www.lomprayah.com/

ナンユアン島の選択がないので、近くのタオを選択してください。
発券時や船内でナンユアン島で降りたいことを言うと、ナンユアン島で降りることがわかるシールがもらえます!

パンガン島~ナンユアン島~タオ島
の順番で停まります!!

↓港まで自力で来てください!
Google map 座標:サムイ島メナム港


出典:http://www.lomprayah.com/

もっと簡単なナンユアン島への行き方

船チケットのみ代理店にお願いしましたが、結局自力で発券したりしなければいけないので、もっと簡単な行き方は、オプショナルツアーです!

オプショナルツアーなら送迎から船チケット発券まですべてお任せできてしまうのでとっても楽です。

少し高くつきますが、シュノーケルレンタルやダイビングのお金も込みなので、もともとそれがメインの方が絶対にオプショナルツアーが楽ちんでいいと思います!
(自力や船チケットのみの場合、当然シュノーケルセットは自分でもっていきます!)

ツアー紹介↓

■タオ島とナンユアン島両方↓
【サムイ発】スピードボートでタオ島&ナンユアン島<終日/ホテル送迎付/日本語ガイド選択可/昼食付>

■ナンユアン島のみ↓
JTB ナンユアン島ツアー

©tabi-runrun.com

ナンユアン島ではじめにすべきこと!

ナンユアン島へついたらまず、入島料1人100バーツを払います!

これは、代理店で船チケットを手配した人も必須です。
※オプショナルツアーの人は、もしかしたら入島料も含まれているためツアーの担当者に要チェックです!

©tabi-runrun.com

次に椅子とパラソルを確保してください!

海に近い良い位置はすぐに埋まってしまうので、椅子とパラソルを確保して海に入る準備をします。
確保しているとお金の回収に回ってくるので払います、払うと払った目印のカードのような証明書にもらえます。

パラソル代 約150バーツ

©tabi-runrun.com

パラソルの良い位置は、シュノーケルに適した「JAPANESE GARDEN」という海のすぐそばがオススメです!
島に入って、道なりに歩き右へ曲がった奥のビーチの前です。
写真の赤いところ!

©tabi-runrun.com

パラソルと椅子を確保して荷物を置いたら、「JAPANESE GARDEN」へ泳ぎに行きましょう!!!

ナンユアン島の写真はここで撮る!

ナンユアン島の島全体写真は島にある高い山の上で撮ります。

「JAPANESE GARDEN」とは真逆に位置する高い山は一際目立つので、すぐにわかります。

結構足元が悪く、軽く登山なので、気をつけてください!!
山に上る間に見る海の景色もとても綺麗でした。

崖の上で撮るのですが、ロープや柵など何もないところでの撮影なので、結構危ないので覚悟が必要です!!!

©tabi-runrun.com

撮る人が多く、写真を撮るだけで1時間も暑い中並んでしまいました。
混んでないのは、ついてすぐだと思うので、パラソルを確保したら早めに山頂へ行くっことをオススメします!!!

©tabi-runrun.com

ナンユアン島のお昼ごはん

ナンユアン島にはレストランが2か所あります。

海の家っぽいところとビュッフェスタイルのレストランです。
ツアーで来ている人はビュッフェスタイルで取ることが多いようです。

私はツアーじゃないので、海の家っぽいところで食べました!
タイフードやスムージーなどのドリンクがありました。

頼んだのは、グリーンカレーとハンバーガー(タイフード関係ない笑)とストロベリースムージーです!!

©tabi-runrun.com

ナンユアン島の注意点

自然豊かなナンユアン島は何もないので、行って注意すべきこと!

©tabi-runrun.com

①ペットボトルなど持ち込み禁止!
隠して持っていける可能性はありますが、一応禁止事項です!
とても暑いので水分補給できないじゃん!とありますが、一応レストランがあるのでそこで購入して水分補給できます。

②パラソルに貴重品を置いて遊びに行かない!
リゾート地ですが、海外なのでパスポートやお金は置いていくと危険です><
私たちは防水ケースを首にかけて海で遊んでいました。
携帯もお金もその防水ケースに入れました。
1000円程度で買えるので持っていくのをかなりオススメします!
(海で使う前に、家でティッシュを入れて水が浸入していないか確認した方がいいです!)

■iPhone6
防水ケース 送料無料 全機種対応 スマホケース iPhone iPhone7 iPhone7Plus iPhone6s Plus 6 Plus SE 5s 5 アイフォン6s 携帯 ケース スマートフォン 防水カバー スマホカバー 大きめ IPX8 海 プール

■iPhone7やPlus対応
防水ケース iPhone7ケース iPhone 7Plus/6s/6sPlus/スマートフォン(スマホ)対応 小物ポケット付き ストラップ付属 防水ポーチ 小銭/カード収納対応 IPX8対応 財布 キーケース ネックストラップ付属[200-SPC018WP]【サンワダイレクト限定品】

③ビーチシューズ必須
海は珊瑚が沢山あってとても綺麗でしたが、その分足に擦り傷ができてしまい危険です!
私はサムイ島で沢山の切り傷を作って怪我をしてしまいました。。。
そうならないためにも、ビーチシューズを履いて泳ぐことをオススメします!!!
安くて500円代のを見つけました!
これで傷をつくらなくて済む!!

■ビーチシューズ↓
アクアシューズ マリンシューズ メール便送料無料 男 女 ウォーターシューズ トレーニングシューズ メンズ レディース 柔軟性 伸縮性 通気性 コンパクト 持ち運びやすい! XS S M L XL 夏の終わり

④バスタオル必須!
日差しが暑いのもあるので、バスタオルはとても活躍しました!
人数分大きいのを持って行ってください。

⑤クレジットカードを使えない‼現金を持参!
貴重品は、パラソルにおいておけないので、最低限の現金を持って行ってください!
(パラソル代・入島料・お昼ごはん)

⑥山頂は早めに行くこと!
インスタ映えする写真を撮るため、記念撮影をするために、ナンユアン島の絶景が撮れる山頂へ行く人が多いですが、かなり混むので、パラソルを確保してすぐ行くことをオススメします!

私が行って得た教訓をお伝えしました!!
ストレスない快適なリゾート旅ができますように☆彡