【カンガルー島】野生動物や自然が未だ残る島!見所8選!

海外旅行情報を随時発信中♪フォローして旅知識をGET☆彡

フォローして旅ルンルンの更新情報を受け取る!

 

 

旅ルンルン夫婦 妻(@tabi_work)です!

オーストラリアの「カンガルー島」という島を知っていますか?

まさにオーストラリアらしい島の名前ですよね笑

カンガルー島は、「オーストラリアを凝縮した島」と言われているみたいです。

野生動物や自然が未だに残る島で、オーストラリアの自然を大堪能できる場所。

日本からの旅行はもちろん、オーストラリアに留学やワーキングホリデーで来ている方には是非行って欲しい自然豊かな島です!

このページでは、カンガルー島について、私たちがまわったオススメスポットやエピソードなどを紹介します!

カンガルー島へ行く船

©tabi-runrun.com

スポンサーリンク

カンガルー島とは?どこ?行き方

カンガルー島は、南オーストラリア州のアデレードという街から行ける島です。

Google map:カンガルー島

アデレードからは飛行機で行くことができます。

島内には電車やバスなどの交通機関がないので、自分の車かレンタカーでの移動、ツアーに参加となります。

自分の車やアデレードでレンタカーを借りてカンガルー島を回りたい方は、カンガルー島行きのフェリーに車を乗せて行きます!

わたしたちもフェリーに車を乗せました!

©tabi-runrun.com

では早速、カンガルー島で行けるスポットをご紹介します!

スポンサーリンク

【観光】シールベイ

ここは、野生のアシカが観察できるエリアです!!

水族館でしか見たことのないアシカを野生で見れるのでテンション上がりました笑

Google map:シール・ベイ保護公園

アシカ

©tabi-runrun.com

ここにいるアシカはただグデグデしているわけではないらしいです!

3日間狩に出てきて、ここで休憩しているんだとか!
意外に働き者!!!!

アシカ

©tabi-runrun.com

海へ向かっていくアシカもいて、水族館で見るアシカとは全く違いました。

このシールベイは、ただ自分たちで行ってアシカをみることはできません。

保護されているエリアなので、アシカを間近にみるために料金がかかります。

ボードウォークから遠目で見る料金:$16

近くで見るガイド付きツアー料金:$35.5

アシカを近くで見るツアー高いですよね、、、、。

めっちゃ渋りましたが、私たちはどうせお金を払うなら近くで見ようということで、$35.5のツアーにしました!

結果近くで見て本当に良かったです!!!!

$16で遠目から見るなら、少し高めのツアーにした方が絶対楽しめます!!

【写真スポット】アドミラルズアーチ

「アドミラルズアーチ」はフリンダーズチェイス国立公園という保護されたエリアにある絶景です。

Google map:アドミラルズアーチ

荒波によって削られてできたアーチです。

ここへ行くまでにボードウォークを歩くのですが、ボードウォークから見える景色も最高です!

©tabi-runrun.com

そしてなんと、ボードウォークを歩いていると、野生のオットセイが見れます(^^)

©tabi-runrun.com

野生のオットセイは間近で見れるわけではないのですが、遠目からでも沢山いることがわかります。

【写真スポット】リマーカブルロック

アドミラルズアーチから車で5分ほどにある絶景です。

Google map:リマーカブルロック

これは、巨大な奇岩なんですが、なんと南極からの冷たい風と雨でできた形なんだとか!!!

アドミラルズアーチ

©tabi-runrun.com

風や雨で岩がこんな形になってしまうなんて、自然って強すぎる笑!!!

いろんな奇岩があって楽しい場所でした!

©tabi-runrun.com

【観光】フリンダーズチェイス国立公園

上記のアドミラルズアーチとリマーカブルロックのある国立公園なんです。

先程の2つの絶景を見るためには、このフリンダーズチェイス国立公園に入ります。

Google map:フリンダーズチェイス国立公園

©tabi-runrun.com

入園の際に、インフォメーションセンターで大人1人$11の料金を払います。

払った後に、「なんだ払わなくてもバレそう」と思ったんですが、リマーカブルロックでレシートの抜き打ちチェックがあったので、払った方が無難。

そして、フリンダースチェイス国立公園には、アドミラルズアーチとリマーカブルロックの他に、野生動物を散策できるハイキングコースがあります!

私たちは、野生のカモノハシに出会えるかもしれない2時間のハイキングコースへ行きました!!

坂道もないし、そんなに大変じゃないです。

でも、カモノハシに会えませんでした、、。
4月中旬に行って、もう冬眠の季節なのか会えませんでした。

残念。

【秘境ビーチ】ストークスベイ

「ストークスベイ」は本当に分かりにくい秘境のビーチで、とっても透明度が高いです!

ストークスベイがある位置はGoogleマップにもあるので行けます。

Google map:ストークスベイ

ですが、ビーチに行くのに、岩の間を通っていくので、分かりにくいです。

©tabi-runrun.com

夕方行ったら満潮になってて行けませんでした!

朝行ったらいけました!

洞窟を抜けた先にある秘境ビーチ、是非とも行って欲しいです!

必ず干潮の時間を狙って行ってくださいね。

©tabi-runrun.com

【観光】Island Beehive Pty Ltd

ここはキングスコートにあるハチミツショップです!

Google map:Island Beehive Pty Ltd

ハチミツの試食ができたり、ハチミツアイスを食べました!!
ハチミツリキュールも試飲できました。

©tabi-runrun.com

【観光】Kangaroo Island Spirits

オーガニックのリキュールが楽しめる場所です。

お酒好きの人なら行ってみるのも◎

Google map:Kangaroo Island Spirits

ジンやウォッカはもちろん、レモンチェロなどオーガニックにこだわるリキュールがあります。

ここのカクテルが美味しそうでしたが、リキュールの試飲だけして、飲みませんでした。

旦那があんまり酒飲みじゃないので1人で飲むのもなぁと思って笑

©tabi-runrun.com

【観光】エミューリッジ

カンガルー島のユーカリから抽出しているユーカリオイル精製所。

Google map:Emu Ridge Eucalyptus Oil Distillery

私はユーカリオイルが好きなので、すっごく行きたかった場所なんですが、途中から道が舗装されていない可能性があるみたいなので、行くのをやめました。

この時私たちの車はタイヤが少しやばめだったので、無理をしないように我慢しました。。。

【観光】その他

他にも動物園や綺麗なビーチが沢山あります。

私たちが行った時期は、4月中旬ですので、海へは入れませんでしたが、夏に行くとダイビングやシュノーケルが楽しめます!

また、野生動物巡りが好きなので、動物園には興味なく行きませんでしたが、カンガルー島内にも動物園あります!

コアラ抱っこができますが、ケアンズより安そうなので、ここでしておけば良かったと後悔してます笑

カンガルー島 所要日数

ツアーだと、アデレードから日帰りツアーが多いです。

日帰りツアーは見所へ連れて行ってくれるので、それで十分だと思います!!!

【往復飛行機】カンガルー島日帰りツアー日本語

【往復フェリー】カンガルー島日帰りツアー日本語

しかし!!!

ツアーではなく、自力でカンガルー島へ行く方は、自分で車を運転しながら回るので、1日だと少しキツイかもです。

レンタカーや自家用車で回るなら、2泊3日はあったほうがいいと思います!

(↑私個人の意見です)

カンガルー島は思ったより大きいので、、、。

オーストラリア ラウンドでカンガルー島へ行くのはピッタリです!

なぜなら、キャンプ場も沢山あるし、キャンプにピッタリの島だから!

カンガルー島キャンプ

©tabi-runrun.com

カンガルー島内のホテルやコテージなどの宿は少し高めです。

もし、キャンプ用品を持たずに宿を取ってカンガルー島を回るなら、オーストラリア長期休みに行く場合、早めに宿と船の確保をおすすめします!!!

私たちのカンガルー島巡り

私たちは、オーストラリア ラウンドでカンガルー島を回り、キャンプして泊まりました。

本当にとっても良かったです!!!!

カンガルーが私たちのテントまで遊びに来ました笑

カンガルー

©tabi-runrun.com

夜は満点の星空で、流れ星を3つも見ました!!
もちろん天の川も見えました☆彡

私たちの滞在は、3泊4日です。

1日目:朝カンガルー島到着。キャンプを楽しむ&何もしないのんびり

2日目:カンガルー島内観光

3日目:カンガルー島内観光

4日目:早朝帰る

という感じで、カンガルー島観光は実質2日間です。

私たちにとっては満足できる日数でした!

カンガルー島は本当にのんびりとゆっくり滞在してこそ楽しい島だなぁと実感しました。

ぜひ長いお休みが取れる時にのんびりしてみてください!

キャンプが最高です☆彡

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
関連記事
スポンサーリンク
この記事をお届けした
旅ルンルンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ブログランキング参加中です!
「参考になった!」という方は、クリックしていただけると今後の励みになります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ   にほんブログ村 旅行ブログへ   にほんブログ村 海外生活ブログへ   にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   

 

 

この記事をシェアする!

フォローして旅ルンルンの更新情報を受け取る!

関連記事