【フィリップ島】ペンギンパレード!見やすい席や感想など徹底紹介!

メルボルン
この記事は約11分で読めます。

メルボルンから車で行ける観光地「フィリップ島」へ行ってきました!

フィリップ島では「ペンギンパレード」が名物です。

今回はペンギンパレードの見やすい席、ペンギンパレードのシーズン、感想、基本情報などについて紹介します!

ペンギンパレード看板

©tabi-runrun.com

 

※フィリップ島でペンギンを撮影することは硬く禁じられているため、フィリップ島のペンギンパレードの写真などはHPやフリー素材など出典元から引用しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペンギンパレードとは?

フィリップ島の名物「ペンギンパレード」とは、

ペンギンが海から陸にある巣へ戻ってくるときに、1列になって巣へ帰っていく習性があります。

この1列になって皆で巣へ戻る様子を「ペンギンパレード」といいます。

 

ヨチヨチ帰るのかなぁと思っていたのですが、海から陸へ上がったペンギンはものすごい速さで巣へ帰りますw

 

これには理由があって、海から陸へ上がると鳥たちに狙われてしまうので急いで巣へ戻っているのだとか。

 

ペンギンってこんなに速く走るのかと新たなペンギンの一面がわかりました。

そしてパレードとなる列は1回でなく、4~5匹のペンギンが列になる場合もあるし、10匹一気に群れとなって走ってくることもあります。

それが何回も行われます。

ペンギンパレード
引用:Philip Island HP 

 

自然現象なので、絶対ペンギンはこう来る!ということが断言できないのですが、通常このようにペンギンはやってきます。

 

ペンギンの種類

フィリップ島のペンギンパレードで見ることができるペンギンは「フェアリーペンギン」です。

オーストラリア南部やニュージーランドで生息するペンギンです。

 

ペンギンの中では最も小さいタイプです。
(下記写真はセントキルダビーチにいたフェアリーペンギンです)

セントキルダビーチペンギン

©tabi-runrun.com

 

明け方に海へ向かい、夜暗くなってから陸に上がり巣に戻ります。
なんだか、人間と一緒で、朝会社へ行って、夜帰ってくるみたいですねwww

 

このフィリップ島では、ちょうど陸へ戻ってくるペンギンを見ます!

 

ペンギンパレードのベスト季節

ペンギンが見どころな季節は、

12月~2月の夏です!

オーストラリアではこの時期は夏で、ペンギンも活発な時期です。

 

ちょうどこの頃は、赤ちゃんヒナが巣で餌を待っているので、赤ちゃんペンギンも見ることができます。
(パレードでは、大人のペンギンしかいませんが、赤ちゃんペンギンは帰り際に見ることができます)

 

赤ちゃんペンギンにはフワフワの毛がまだついているので、どれが赤ちゃんかすぐわかります。
もともと大人でも小さいタイプのペンギンなので、赤ちゃんペンギンでも大人とサイズは変わらない場合もありますw

赤ちゃんペンギン
引用:Photo AC

 

 

そしてどの季節でも、暗くなってから、海から陸に上がるタイミングに観察するので夜20時30分過ぎ以降からペンギンパレードの見どころになります!!!!!

 

 

ペンギンパレード チケット予約など詳細

ペンギンパレードのチケットは事前にネットで購入しておくことをおすすめします!

特に、シーズンの12月~2月は夏休みやお正月時期で当日券が売り切れになっていることもあります。

 

私の行ったときには、当日券が売り切れでした!!!

せっかく遠出したのに、チケットがないなんて悲しすぎるので、是非予約しておくことをおすすめします!

売り切れ

©tabi-runrun.com

 

 

ツアーで行く場合は、もちろん事前予約不要です☆彡

フィリップ島&ペンギンパレードツアー

 

ペンギンパレード チケット種類&料金

チケットのパターンは3つあります。

チケット

©tabi-runrun.com

 

■General Viewing
(一般席で見る)

大人 $26.20

子供 $13.00

一般席

©tabi-runrun.com

 

■Penguins Plus
(一般席よりもペンギンパレードの近く)

大人 $52.50

子供 $26.25

写真で見ると、一般席よりも手前の位置が「Penguins Plus」の席です。

ペンギンパレードが行われるであろう位置に近い場所で見ることができます!
ガイドさんもこの席をおすすめしています。

私は一般席で見ましたが、やっぱり「Penguins Plus」の位置は見やすいだろうなと思いました。

Penguins Plus

©tabi-runrun.com

 

この段差で見ます↓↓

Penguins Plus

©tabi-runrun.com

 

■Underground Viewing
(ペンギンと同じ目線で観察できる)

大人 $67.50

子供 $33.75

これは1番VIPの席です。
写真のように、ペンギンの目線になれるのが醍醐味です!
ですが、生で見れず、ガラス越し。。。

VIP席
引用:Philip Island HP 

 

 

ペンギンパレード 一般席の見やすい席はどこ?

私たちは「General Viewing」という一般席で見るチケットを購入して行きました。

 

「General Viewing」はこのように階段になっています。

一見、階段に座って見ないといけないのかな?

と思いがちなのですが、ここじゃなくて、ビーチに座って大丈夫なんです!!!

赤く囲った場所に座って大丈夫です。

見やすい席

©tabi-runrun.com

 

その中でも、一番見やすいのは、海に向かって右側のビーチに座ることがオススメです!

というのも、ペンギンパレードが行われるのはやはりVIP席に近い場所なんです。

なので「General Viewing」の中でも、一番VIPの近くに座れる下記写真の赤い位置にシートを敷いて見るのが一番見やすい位置です!

見やすい席

©tabi-runrun.com

 

このことは、当日係員がアナウンスしていて知りました!!!!

ビーチに座るのでレジャーシートがあると便利です♪

 

 

必需品!ペンギンパレードもちもの!

ペンギンパレードのシーズンは12月~2月の夏です。

私たちもこの時期に行きました。

ですが、、、、

めちゃくちゃ寒いんですwwwwww

ペンギンパレードは暗くなってから始まります。

暗くなってからのオーストラリア南部は夜でも冷えます。
すっごく寒くて、途中諦めそうになりましたwww

ブランケットにくるまってましたw

さむい

©tabi-runrun.com

 

絶対に下記持ち物を夏でも持って行ったほうがいいと思います!

 

■ブランケット

私たちは、こんなに寒いだなんて全く予想していませんでした。
でも、Airbnbで泊まっていたおばあちゃんがペンギンパレードは寒いからこれ持って行きなさい!って沢山のブランケットを渡してくれたんです!
このブランケットがなかったら、多分ペンギンが現れる前に帰っていましたwww

 

レジャーシート

先ほどもお伝えしたように、ペンギンパレードが見やすい場所は、ビーチの上なので、もしそこに座る場合はレジャーシート必須です!

 

■上着

夏でも結構な寒さでした。
ウィンドブレーカーとかあるといいかもです!
私はUNIQLOのウルトラライドダウンを着ていました!

フィリップ島 ペンギンパレードの感想

実は、メルボルンからすぐそばの「セントキルダビーチ」でもペンギンは見ることができます!

セントキルダビーチでも夜にペンギンは現れて、とっても近くで見れるので、正直フィリップ島のペンギンパレードは見なくてもいいかなぁなんて思ってました。。。

ガイドブックに載ってない?!メルボルンで野生のペンギンが見れるんです!
ガイドブックに載っていない、野生のペンギンが見れる観光スポットがメルボルンのセントキルダビーチにあります!フィリップ島より近くでペンギンを見ることができるので、気軽に是非行ってみてください☆行き方やおすすめの見方などまとめてみました!

 

モーニントン半島まで旅行に来たから、せっかくだから行くかぁ程度の気持ちでした。

しかし!

セントキルダビーチとはまた違った面白さがフィリップ島のペンギンパレードにありましたヽ(・∀・)ノ

海から陸へ上がってくるペンギンが1列になって、自分の身を守るべくサササーっと走って巣へ戻っていく行動。

 

ペンギンパレード
引用:Philip Island HP 

 

これがペンギンの生態で、自然現象なんだと感動しました!

また巣でヒナが餌を待っている。
大人ペンギンは命がけで海へ出て、陸で鳥に食べられないように命がけでヒナのために帰る。
なんだかドキュメンタリー映画を見ているような感覚!!

セントキルダビーチのペンギンも間近で見れて感動したけど、フィリップ島のペンギンの生態にも感動しました!!!

寒い中耐えて大正解◎

ただ、一般席の「General Viewing」は本当に遠目で見る感じでしたw

なので、絶対に近くで見たい場合は、席のランクを上げることをおすすめします!
友達の現地ガイドさんは口を揃えて席はアップグレードした方がいいと言っていました。

運が良ければ、「General Viewing」の目の前を通るみたいです☆彡

 

フィリップ島 ペンギンパレードへの行き方

メルボルンから車で2時間くらいで行けるフィリップ島です!

私たちはレンタカーを借りて、モーニントン半島とフィリップ島の2泊3日旅行だったのですが、結構ハードでしたw

行く場所にもよりますが、私たちはモーニントン半島の先端まで行ったりしたのでフィリップ島も行くとなると予定がパンパンで2泊3日だと少しきつかったです。。。

 

ペンギンパレードが終わる時間は、夜10時くらいです。
そのあとメルボルンに戻るよりかは、近場1泊してもいいかと思います!

レンタカーの場合ですと、夜10時以降に車を返せないと思うので宿泊になると思います!

 

私はフィリップ島に入った瞬間、ペンギンを見る場所なのかなと勘違いしてたんですが、フィリップ島に入ってから、フィリップ島の先端まで行くので思ったよりフィリップ島内を走りました。

もし車で行く場合は、こちらにナビをセットするとペンギンパレードの建物へ行けます。

↓↓

Google map:Penguin Parade

 

ペンギンパレード ツアー

ペンギンパレードは夜10時に終わるので、帰りが遅くなります。

ツアーだともうバスへ乗って帰るだけなので、とっても楽ですw

そしてチケットの売り切れも心配することないのでツアーを使って行くのが結構いいかもしれません。

 

スペシャルツアー!!!
グレートオーシャンロード、パッフィンビリー鉄道、フィリップ島ペンギンパレード。メルボルンで行くべき観光がすべてセットになったツアーです!
私はこのツアーが一番お得で推します!!
わたしはすべて別々に行ったんですが、このツアーにすれば楽だし超お得だったと今後悔してます。。。

メルボルンへ旅行できた場合は、是非これがいいと思います!!!

メルボルン3大コンボツアー!グレートオーシャンロード・ペンギンパレード・パッフィンビリー鉄道ツアー

 

フィリップ島で動物を満喫する

日本語の話せるオーストラリア人ガイドもしくは、メルボルンを熟知した日本人ガイドによるフィリップ島ツアーです!
ペンギンパレードのほかに、カンガルーやワラビー等の動物たちと触れ合える時間もあり、お子様連れにもお勧めツアー!

【HIS】フィリップ島動物と触れ合える&ペンギンパレードツアー

 

チョコレート工場へ行ったり、動物と触れ合えたり、ペンギンパレードを見たり盛りだくさんに満喫できるツアーです!ペンギンパレード会場では毛布付き!

【日本語ツアー】リトルペンギンウォッチングと動物ふれあい体験

 

※フィリップ島でペンギンを撮影することは硬く禁じられているため、フィリップ島のペンギンパレードの写真などはHPやフリー素材など出典元から引用しています。

 

最安値で海外旅行に行く方法をご紹介

海外旅行は、どこのサイトで予約するかによって、値段が数万円単位で変わってきます。

以下のボタンから、各社の海外旅行の料金見積もりを無料で一括比較できます。

見積もりなので、申し込まなくても問題ありません!

損をしないためにも、1番安い旅行代理店を事前に必ず確認しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅ルンルンをフォローして更新情報を受け取る
旅ルンルン

コメント

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました