【お得情報】アメリカ自然史博物館の入場料【1ドルで入場する裏技も紹介】

ニューヨーク
この記事は約5分で読めます。
【お得情報】アメリカ自然史博物館の入場料【1ドルで入場する裏技も紹介】
悩む人
悩む人

アメリカ自然史博物館へ行きたいけれど、入場料ってかかるの?

ニューヨークはミュージアムがたくさんで観光するのにお金がかかるなぁ。

NANAKO
NANAKO

実は!アメリカ自然史博物館なら1ドルで入る裏ワザがあるんですよ!

しかも、正規ルートなので、「騙し」や「やってはいけないこと」ではありません!

この記事では、「アメリカ自然史博物館の入場料」と「1ドルで入場できる裏技」をご紹介します。

後半には「1ドルでの買い方」などもあるので最後まで読みすすめてみてください!

物価の高いニューヨークで少しでも節約して楽しむ方法なので、必見です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【基本料金】アメリカ自然史博物館の入場料

General Admission
基本入場料
大人:23ドル
子供:13ドル(3-12才)
シニア&学生:18ドル
(展示のみ楽しむ場合)

General Admission + One
基本入場料+(特別展)or(プラネタリウム込入場料)
大人:28ドル
子供:16.5ドル(3-12才)
シニア&学生:22.5ドル
(展示に加えて、特別展かプラネタリウムどちらかを選ぶ)

General Admission + All
全部見れる入場料
大人:33ドル
子供:20ドル(3-12才)
シニア&学生:27ドル
(基本入場料・特別展・プラネタリウム含む)

アメリカ自然史博物館で提示されている入場料は上記になります。

展示物だけを見たい場合は、基本入場料です。

プラネタリウムや特別展を見たい場合は、チケットが違うので注意しましょう。

NANAKO
NANAKO

もし、展示のみのチケットで入館して、プラネタリウムも見たいってなった場合、チケットは買い直しになるので注意!

【お得】アメリカ自然史博物館の入場料が1ドルになる仕組み

ここからがお得情報!高い入場料を格安にできる方法です。

上記写真をよーく見てください。

通常料金が書かれている上に、下記のようなことが書かれているのです。

suggested general admission. the amount you pay is up to you.

【訳】
一般入場料の適切だと思われる料金です。しかし、いくら支払うかはあなた次第です。

実は、アメリカ自然史博物館の入場料は寄付制になっていて、表示されている料金は博物館からのreccomend(推奨)の料金。

なので、実際にはいくら払ってもいいんです。

極端な話、1ドルでもいいし、100ドルでも良し!

NANAKO
NANAKO

上の文章を読まないで、料金だけ見ていると「大人23ドルか」となるのですが、ちゃんと読むと「いくら支払うかはあなた次第」なんて書いてあるんですね~♪

実際に1ドルで買ったよ!

【お得情報】アメリカ自然史博物館の入場料【1ドルで入場する裏技も紹介】

上記写真のように、チケットレシートが1ドルとなっています。

特に怪しまれることなく、普通に1ドルで買えました。

1ドルでアメリカ自然史博物館の全館見られるの?

【お得情報】アメリカ自然史博物館の入場料【1ドルで入場する裏技も紹介】

アメリカ自然史博物館の入場料は、「General Admission」「General Admission+one」「General Admission+all」の3パターンです。

寄付(1ドル)で払った場合どれに値するかというと、「General Admission」で入館することになります。

寄付(1ドル)で行けるのは「展示のみ」。

もし、プラネタリウムや特別展も見たい場合は、寄付ではなく指定されている入場料を払う必要があります。

NANAKO
NANAKO

わたしは寄付で入って、途中でプラネタリウムを見たくなったので、係の人に聞いたら「General Admission+oneを買い直し」と言われました。

【必見】1ドルでチケットを買う方法

【お得情報】アメリカ自然史博物館の入場料【1ドルで入場する裏技も紹介】

次に、どうやって寄付で購入すればよいか、簡単に説明したいと思います。

これはめちゃくちゃ簡単。

チケットを買う際に、「ドネーションプリーズ」と伝えて1ドルを手渡すだけでOK!

きっとニッコリと笑って受け取ってくれると思います。
とくに嫌味を言われたり全くありません。

その後、E-mailアドレスを求められるので、自分のメールアドレスを記入します。

【お得情報】アメリカ自然史博物館の入場料【1ドルで入場する裏技も紹介】

入場券と館内ガイドを渡してもらえると思います。
あとはこのチケットで入場して、館内を見学しましょう!

アメリカ自然史博物館はものすごく広く迷子になるくらいなので、必ず館内ガイドは持っていくこと!

ちなみに、館内ガイドは複数の言語があり、日本語もあるので日本語版をもらうことがおすすめです◎

NANAKO
NANAKO

寄付はもちろん、1ドルでなく5ドルでもいいですし、100ドル札を出しても大丈夫!

【行き方】アメリカ自然史博物館のアクセスは簡単

【お得情報】アメリカ自然史博物館の入場料【1ドルで入場する裏技も紹介】

アメリカ自然史博物館へはニューヨークの地下鉄B・C線に乗って、「81 st – Museum of Natural History駅」で降りるのが1番簡単です。

ちなみに駅のホームにはアメリカ自然史博物館を連想させる絵が沢山描かれています。

地上へ出ればすぐ!

【まとめ】アメリカ自然史博物館の入場料

【お得情報】アメリカ自然史博物館の入場料【1ドルで入場する裏技も紹介】

入場料は、「General Admission」「General Admission+one」「General Admission+all」の3パターン。

展示物だけ見る入場であれば、自分の払いたい寄付金額で大丈夫です。

もし、プラネタリウムや特別展を見る場合は提示されている料金を払わなければいけません。

違法でもなく、アメリカ自然史博物館の寄付制度なので、1ドルでチケットを購入するということは正規チケット入手方法なので心配なしです!

NANAKO
NANAKO

プラネタリウムも見たことがあり、その時は提示料金を払いました。
展示物は1日で見きれなかったので、何度も寄付(1ドル)で見に行っています!

以上、「アメリカ自然史博物館の料金」についてでした!

最安値で海外旅行に行く方法をご紹介

海外旅行は、どこのサイトで予約するかによって、値段が数万円単位で変わってきます。

以下のボタンから、各社の海外旅行の料金見積もりを無料で一括比較できます。

見積もりなので、申し込まなくても問題ありません!

損をしないためにも、1番安い旅行代理店を事前に必ず確認しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅ルンルンをフォローして更新情報を受け取る
旅ルンルン

コメント

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました