オーストラリアの銀行口座はどの会社にすべき?

ワーホリ
この記事は約7分で読めます。

オーストラリアの4大銀行!どこの口座がおすすめか紹介します♪

ワーホリで現地についたらやることの一つに、「銀行口座開設」があると思います!
口座がないと給料の振り込みもできないので働くことができません!
でも、数ある銀行の中からどこで口座を作るのがいいかなんて、全然わかりませんよね。
そんな方のために、今回はオーストラリアでの銀行開設について徹底的に紹介していきます♪

 

オーストラリアには4大銀行といわれる、4つの規模の大きい銀行があります。
基本的には以下の4大銀行の中から口座を開設しておけば間違いないのですが、それぞれ特徴があるので本記事では各行を分かりやすく比較していきますよ!
この記事を読み終えるころには、どこで口座を作るべきか整理できていると思います!

まず、その4大銀行ですが以下の4行になります。

ナショナル・オーストラリア銀行(National Australia Bank) / [NAB]
コモンウェールス銀行(Commonwealth Bank of Australia) / [CBA]
オーストラリア・ニュージーランド銀行(Australia and Newzealand Banking Group) / [ANZ]
ウエストパック銀行(Westpac Banking Corporation) / [WBC]

 

日本でいうところの3大銀行(三菱UFJ、三井住友、みずほ)のようなものですね!

今回はこれらの銀行のうちどの銀行で口座を開設するのが良さそうなのか調べてみたので、今後渡航される皆さんのために紹介していきたいと思います!


出典:写真AC

オーストラリアの銀行口座種類について

まず、おすすめ銀行を紹介する前にオーストラリアの銀行口座の種類と仕組みについて紹介したいと思います。
オーストラリアの銀行のシステムは日本とは少し異なりますので、ここで理解していただくことで実際にどこの口座がよいかイメージしやすくなると思います!

まず、オーストラリアでは大きく分けて4種類の銀行口座が存在します。
それぞれについて簡単に紹介していきますね。

 

普通預金口座(Access Advantage)

もっとも一般的な口座であり、オーストラリアの生活にマストのものです。
この口座を作ると、デビット機能のついたキャッシュカードを受け取ることができ、スーパーやタクシー、コンビニなどの支払いにこのカードを使うことができます。
デビット機能とは、支払いの際にキャッシュカードで決済することで、銀行の口座から自動的に決済代金が引き落とされる機能のことです。
自分の口座の残高以上の決済は出来ないので非常に便利な機能ですよ!

また、このカードを使うことでATMからお金を引き下ろすこともできます。
しかし、こちらの普通預金口座は利息が付かないことが一般的ですので、利用する分だけ入金しておくのがおすすめです。

また、この口座は日本の銀行口座と異なり、口座維持手数料がかかります。
銀行によって異なりますが、大体月5ドル程度であることが一般的です。


出典:写真AC

定期預金口座(Progress Saver)

こちらは普通預金口座とは異なり、貯蓄用の口座となります。
この講座の魅力は何と言っても利息が付くことです!
そして口座維持手数料は無料です!

 

日本はゼロ金利時代ともいわれ、銀行にお金を預けても全く利息が付きませんが、オーストラリアはそんなことありません
オーストラリアの政策金利は2018年10月時点で1.5%となっています。
銀行によって設定されている金利は異なるので何とも言えませんが、仮に1.5%だとしたら100万円を1年間預けると、1万5千円の利息が付くことになります!
日本では考えられないような金額ですよね。
そのため、使う予定のないお金はコチラの口座に預けておきましょう!

しかし、この口座にも注意点があります。
この口座では毎月利息が付くのですが、貯蓄専用のため以下の2つの条件を満たしていないと金利が付きません。

①毎月10ドル以上の入金を定期預金口座(Progress Saver)に行う
②定期預金口座(Progress Saver)から引き出しを行った月は利息が付かない

 

そのため、この口座には余裕資金を入れておき、どんどん利息をつけていくのがおすすめです!

 

③オンライン口座(Online Saver)

オンライン上にて残高照会や振り込みを行うことができる口座です。
また、上記の普通預金口座と定期預金口座の振り替えを行うこともできます。
この口座も利息が付きますが、定期預金ほど利率は高くないのでご注意ください。
口座維持手数料は無料となります。

そのため、基本的に使う予定のお金はこのオンライン口座に入れておき、使用する前に普通預金口座に移すという方法がおすすめです。


出典:写真AC

年金口座(Superannuation)

聞きなれない言葉ですが、個人で年金を管理するための口座になります。
オーストラリアでは、会社から給料の支払いと同時に一定額の年金が支給されます。
その年金を入金したり管理するのがこの口座の役割です。
ワーホリや留学生でも年金は支給されるので、開設しておいて損することはないと思います!


出典:写真AC

 

4大銀行の比較

さて、オーストラリアの銀行口座の種類と仕組みについて説明してきましたが、上記を踏まえた上で4大銀行の比較をしていきたいと思います!
口座開設に参考になりそうな情報を以下の表にまとめてみました。
※2018年10月時点での情報になります。

 

銀行名

NABCBAANZWBC

ATM数

3,400以上

4,000以上

2,600以上

5,000以上
(グループを含む)

日本語スタッフ


一部店舗のみ

×


一部店舗のみ

×

日本からの開設

×

×

口座維持手数料

0$

4$5$

5$

口座維持手数料が無料になる条件

月2,000$以上の入金以下のいずれかに該当

・月2,000$以上の入金
・25歳未満
・学生

月2,000$以上の入金

黒の太字が項目名で、赤の太字が各項目において優れている銀行です。
詳しい分析については以下にて説明させていただきます!

 


出典:写真AC

 

結局どこの銀行にするべきなの?

どこの銀行も一長一短となっていますが、ATM数については多少の差はありますが、シドニーやメルボルンなどのメジャーな都市に行くのであれば大差はありません。
そうすると、上記の比較の中でも特に重要項目となるのが口座維持手数料日本語スタッフかと思います。

結果、「ナショナル・オーストラリア銀行(National Australia Bank) / [NAB]」が一番良いのではないかと思います。
しかし、留学でオーストラリアに行く方は「学生」という条件に当てはまるので「オーストラリア・ニュージーランド銀行(Australia and Newzealand Banking Group) / [ANZ]」もおすすめです!

 

また、もう一点伝えておきたいお得な情報があります!
ANZ銀行は日本からもオンライン経由で口座が開設でき、日本から口座開設した場合は1年間口座維持手数料が無料になるんです!!
そうなってくるとANZ銀行が一段と魅力的になってくるかと思います!


出典:写真AC

 

タイプ別おすすめ銀行まとめ

説明が長くなってしまったので、最後にタイプ別におすすめの銀行をまとめたいと思います!

①オーストラリアに学生ビザで渡航する方
⇒日本語スタッフがいる上に日本から口座開設でき、学生は口座維持手数料が無料になる「オーストラリア・ニュージーランド銀行(Australia and Newzealand Banking Group) / [ANZ]」がおすすめです!

 

②オーストラリアにワーホリビザで渡航する方
⇒セカンドビザを考えている場合は、ANZ銀行だと2年目から口座維持手数料が発生してしまうため、2年目でも口座維持手数料がかからない「ナショナル・オーストラリア銀行(National Australia Bank) / [NAB]」がおすすめです!
もし、セカンドビザは全く考えていないという場合は日本から口座開設できるというメリットもあるので「オーストラリア・ニュージーランド銀行(Australia and Newzealand Banking Group) / [ANZ]」にて口座を開設するのが良いかと思います!

 

私はセカンドビザを考えていないので、「オーストラリア・ニュージーランド銀行(Australia and Newzealand Banking Group) / [ANZ]」にて口座開設します!
開設方法については後日、別記事にて紹介させていただきますね。

最安値で海外旅行に行く方法をご紹介

海外旅行は、どこのサイトで予約するかによって、値段が数万円単位で変わってきます。

以下のボタンから、各社の海外旅行の料金見積もりを無料で一括比較できます。

見積もりなので、申し込まなくても問題ありません!

損をしないためにも、1番安い旅行代理店を事前に必ず確認しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅ルンルンをフォローして更新情報を受け取る
旅ルンルン

コメント

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました