【西オーストラリア ラウンド1日目】北西オーストラリアのピナクルズとランセリン大砂丘へ!

海外旅行情報を随時発信中♪フォローして旅知識をGET☆彡

フォローして旅ルンルンの更新情報を受け取る!

 

 

旅ルンルン妻のNanako(@tabi_work)です!

私たちはメルボルンで住んでいたお家にお別れし、オーストラリアを車でラウンドすることに決めました!!!!!

西オーストラリア州へは、メルボルンから車で行くのがあまりにも大変なので、パース&北西オーストラリアへは飛行機で行って、レンタカーを借りて回ることに☆彡

なので、オーストラリア ロードトリップの序章は、北西オーストラリアから攻めることになりました!

1日目はパースから日帰りでも行ける、砂漠に現れる奇石ピナクルズと、ホワイトサンズのランセリン大砂丘へ行きました。

©tabi-runrun.com

スポンサーリンク

西オーストラリア 1日目

1日目のルートはこんな感じです。

   パース空港(レンタカー借りる)
A ランセリン大砂丘
B ピナクルズ
C ジェラルトン (休憩)
D カルバリー  (宿泊)

Google map:北西オーストラリア1日目ルート

なんだ観光は、AとBだけじゃん!

と思いがちなのですが、トータルドライブ7時間弱という移動距離でしたw

1つずつ紹介していきます!

スポンサーリンク

パース空港 (レンタカーと注意点)

メルボルンからパースへは朝到着しました。

パース空港の近くの「aceレンタカー」で車を手配していました。

今回は長距離移動するため、以下のことが手配できる車を選びました。

① レンタカー会社の営業時間長い

少しでも営業時間が長いと返すタイミングや借りるタイミングが楽だからこれを条件に入れました。

② 走行距離が無制限

日本のレンタカーではあまり意識しないのですが、オーストラリアのレンタカーでは走行距離に制限があります。
今回は長距離移動で、制限があると困るので、絶対無制限を選びました。

ちなみに制限アリの場合は、超過距離に応じて追加料金が発生します。

②は、特に重要だと思うので、借りる際は注意してみてください!(^^)!

「aceレンタカー」は、この2点を考慮しているうえ、安かったので、ここを選びました。

しかし、空港敷地内にあるレンタカーショップではないので、空港に着いたら電話してシャトルバスを呼ぶ必要があります。

電話で「到着したから迎えに来て」

ということを伝えてから20分くらいして、やっとシャトルが来ました。

そして、私たちは、オーストラリアのレンタカーと相性が悪いのか、毎回トラブルにあいますww

借りて乗った途端、バッテリーが弱くエンジンがなかなかかからなかったのです!!!

受付の人に助けを求めるのですが、
「車に関しては私の仕事じゃない」と言われたりもう散々www

他の係の人がやってきて、バッテリーが弱くなっていると教えてくれてました。

ただ、今回の場合は走行距離が長いのでバッテリーも充電されるから問題ないだろうとの事。

ようやく、出発!

A ランセリン大砂丘

最初の目的地は、「ランセリン大砂丘」

パース空港から約2時間弱車を走らせ到着します。

Google map : Lancelin Sand Dunes

ここは「ホワイトサンズ」と呼ばれる白い砂漠です。
一面真っ白な砂漠の山がずっと続く観光地です。

ランセリン大砂丘

©tabi-runrun.com

車の窓から左にはインド洋が見え、右には白い砂漠。

なんだか変な光景ですw

ランセリン大砂丘は住宅街の中を駆け抜けてイキナリ入口です!

駐車場からもう地面が舗装されていなく、ガタガタ道なので要注意です。

ランセリン大砂丘

©tabi-runrun.com

ランセリン大砂丘の名物はなんといっても、ボードを借りて滑り降りること!

ボードは現地で10ドルで借りれるので、持って行かなくてOKです。

ランセリン大砂丘

©tabi-runrun.com

風が強く鼻の穴や耳の穴に砂が舞いこんできますw
サングラスをしていないと、目に舞い込んでくるのでサングラスをした方がいいです!

私たちは時間があまりなかったので、写真をいっぱい撮るだけで、ボードはできませんでした。

ランセリン大砂丘

©tabi-runrun.com

私は初めてホワイトサンズを見たので、とってもビックリしました!

B ピナクルズ

ランセリン大砂丘からピナクルズ約1時間30分のドライブです。

Google map :The Pinnacles Desert

ピナクルズは、ナンバン国立公園の中にあります。

砂漠に奇石がズラーーーーーーーーっと立ち並ぶ異常な光景が見れる観光スポットです。

ピナクルズ

©tabi-runrun.com

このスポットまで車で行くことができます。

ですが、入場料金がかかります。

車1台13ドル

料金を払ったら駐車場へ。

ピナクルズ内は、車でも移動できるし、駐車場で止めて歩いて回ることもできます。

結構広いので、車で行って途中で降りるのがおすすめですが、ピナクルズ内は砂漠なのでもちろん運転しにくいです。

私たちは4駆ではなかったので、タイヤが心配でしたがなんとか無事でしたw
心配な方は、車で回らない方がいいかもしれません。

ピナクルズにはいろんな奇石があるので、とっても面白かったです!

お気に入りはこの手をつないだ岩!
私たちもこの前で手をつないでみましたw

ピナクルズ

©tabi-runrun.com

私たちは、このまま北西オーストラリアへ向かいましたが、大体の人がパースからピナクルズまで行って、折り返す日帰り旅行をすると思います。

ここまでなら日帰りでもぜんぜん大丈夫です◎

ピナクルズのツアーには、サンセットと満天の星空の中楽しむツアーがあるんです!

私たちはレンタカーだったので行けなかったのですが、もしツアーでピナクルズに行く方は、夜のツアーもおすすめです!

【日本語】サンセット ピナクルズ&星空観賞ツアー

C【休憩】ジェラルトン

私たちはピナクルズを見終わったあと、カルバリーという街で「カルバリー・パーム・リゾート」という宿を予約していたので、そこまで向かいます。

ピナクルズから宿まで、4時間30分の運転でしたwww

朝飛行機で到着して、すでに3時間の運転をして観光を終え、最後4時間の運転を残していたので、私も途中で交代しました。

西オーストラリア運転

©tabi-runrun.com

4年ぶりの運転。

しかも、時速100キロ出す道。
心配でしたが、車がほとんど通っていないし、昼間だったので何とかできました。

途中、カンガルーの死体が沢山あり、本当に可哀そうでした。
絶対にぶつからないように、細心の注意を払って運転しました。

旦那が助手席で休憩から少し回復したころで、私はまた助手席へ逃げましたw

途中「ジェラルトン」という街がありますが、カルバリーまでそれ以外は本当に何もないですw

このような道をひたすら走り続けますw

ウェストオーストラリア道

©tabi-runrun.com

長時間運転が無理な人は、「ジェラルトン」で宿を取ることをおすすめします。

そして、「ジェラルトン」から先は本当に何もないので、ここで水や食料を買っておくことを強くおすすめします。

また、ガソリンは絶対に入れておきましょう!!!!!!

北西オーストラリアは店が閉まる時間も早いし、全く街がないので!!!!!

D【宿泊】カルバリー

「カルバリー・パーム・リゾート」はチェックインが18時までとなっていたのですが、間に合わなかったので、メールして遅れる旨を伝えておきました。

Google map:カルバリー・パーム・リゾート

セーフティーボックスに鍵が入っているとのことで、しっかり鍵をゲットできました。

19時30分頃の到着でした。

「カルバリー・パーム・リゾート」はモーテルで、綺麗ではないけれど慣れるかんじでしたw

このように1件屋?1部屋?みたいなのが与えられ、シャワーとベットが完備です!

カルバリー・パーム・リゾート

©tabi-runrun.com

もし、カルバリーで宿泊する際は、安くておすすめです!

そして何より、星がものすごい綺麗☆彡

天の川が見えるくらい綺麗で、ずっと見ていたかったですw

1日目 まとめ

1日目は一番ハードなロードトリップでした。

ピナクルズとランセリン大砂丘へ行ってカルバリーまで行くルートは少々しんどいので、無理なく運転したい方は、「ジェラルトン」で宿を取ることをかなりおすすめします。

ガソリンスタンドが途中あまりないエリアもあるので、必ず、小まめに入れるようにしましょう!

私たちは、「ジェラルトン」という街で入れたのですが、カルバリーにもあまりないので、先に入れておいて本当に正解でした。

ガソリンスタンドが現れず、ハラハラするという事態もこのあと出てきますwwww

なにもない道がずーーーーーーーーーっと続くので、ガソリンがなくなると本当に大変。

絶対に、「ジェラルトン」でガソリン入れておくことをおすすめします!

自然しかない北西オーストラリアはとっても魅力的かつ、車が壊れたら終わりだなと思うとなんだか怖い気もしましたw

オーストラリアラウンド2日目はさらに北へ!お楽しみに☆彡

この日の様子についてタイムリーな旦那の日記はコチラ↓