ニューヨークで新鮮な魚介が食べたい時はRobster Placeに行こう!

スポンサーリンク

チェルシーマーケットの魚介類は絶品!

ニューヨークのマンハッタンにはChelsea Marketという場所があり、必見スポットの1つとなっています。

そして、マーケット内の見どころの1つとして、海外には珍しい新鮮な魚介類を食べられる場所があるので紹介したいと思います。

©tabi-runrun.com

Chelsea Marketとは?

まず、チェルシーマーケットについて紹介していきます。

チェルシーマーケットとは、MPD(ミートパッキングディストリクト)にあるマーケットです。

ミートパッキングディストリクトとは、名前から連想されるようにかつては食肉卸業者や食肉工場、倉庫があったところで、その建物をリノベーションしておしゃれに生まれ変わった地区です。

今ニューヨークでもホットな場所のひとつとなっています。

中でもChelsea Marketは様々なショップやレストランが集結しており、ここに行けばお土産や食事などなんでも済ませることができます!

観光客が必ず行くべきスポットのひとつです。

©tabi-runrun.com

Chelsea Marketへのアクセス

Chelsea Marketに行くには地下鉄A,C,E線の「”14st / 8Av”駅」で降ります。

地上に出たらまずは1ブロック進んで15stに行きましょう。

あとは、15stを西側に向かって進むのみです。

15st / 9Avの位置にチェルシーマーケットがあります。

©tabi-runrun.com

Robster Placeってどんなところ?

さて、本題であるChelsea Market内のRobster Placeについて紹介していきます。

海外旅行の際に生魚や貝類、海老などの新鮮な魚介類が恋しくなる人も多いはずです。

そんな方々におすすめしたいのが、チェルシーマーケット内にあるRobster Placeです。

海外で生の魚介類を食べるのは(不衛生で汚そうなので)中々勇気がいりますが、マンハッタンのChelsea MarketにあるRobster Placeなら安全で美味しい生の魚介が食べられます。

©tabi-runrun.com

まず、入り口はこのようになっています。

Robster  Placeと書かれた扉を開けると市場のような匂いとともに、目の前いっぱいに並べられた魚介類が見えますよ。

©tabi-runrun.com

まず、最初に目に入るのは氷の中に満遍なく埋められた生牡蠣、蟹、海老です。

日本と同じようにたくさんの種類の生牡蠣がショーケースに並べられて降り、1個から注文することができます。

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

その少し先には寿司バーがあり、職人が目の前でお寿司を握ってくれる、カウンター形式の寿司屋になっています。

©tabi-runrun.com

さらに進むとロブスタービスク等があるスープ屋さんとロブスターを売っているお店があります。

©tabi-runrun.com

近くにはイートインできるように席もあるので、注文してその場で食べることが可能です。

©tabi-runrun.com

また、近くには生魚や生の貝類がズラーっと並んでいるショーケースがあります。

©tabi-runrun.com

買ったものはすぐ近くにあるイートインスペースで食べられるので、先ずは気になったものに手を伸ばしてみるのはいかがでしょうか。

新鮮でおいしいので本当におすすめです!

©tabi-runrun.com