【ヤラバレー】シャンドンにも行くおすすめワイナリーツアーに参加!

メルボルン
この記事は約13分で読めます。

旅ルンルン妻(@tabi_work)です。

 

オーストラリアのメルボルンの観光スポット「ヤラバレー」のワイナリーツアーに参加しました!

 

ヤラバレーはメルボルンの中心街シティから少し遠くにあります。

メルボルンでレンタカーを借りて自力でも行けるのですが、2人で行ったらどっちかが運転して飲めないので、今回はツアーに参加しました!

 

参加したのは【ランチ・試飲付き】ドメイン・シャンドンなど4件ヤラバレーワイナリーツアーです!

 

今回はこのツアーに参加した感想です。
ヤラバレーのワイナリーを行こうか悩んでいる方への参考になったらうれしいです!

 

 

ヤラバレーのぶどう

©tabi-runrun.com

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤラバレーのワイナリーとは

ヤラバレーはオーストラリアのワイン産地としてとっても有名な場所です!

メルボルン中心街のシティから車で約1時間ほどかかります。

オーストラリアの自然が楽しめる田舎です。

 

ヤラバレーのぶどう畑

©tabi-runrun.com

 

そんなヤラバレーには80以上ものワイナリーがあります!

海外へ輸出している有名なワイナリーもあれば、こじんまりしたワイナリーも。

 

多くのワイナリーではツアーに参加しないで、個人的にワイナリーへ行ってもテイスティング料約5ドルを支払ったら、そこのワインを味わうことができます。

(もちろんツアーに参加している人は、テイスティング料は払わなくて大丈夫です)

 

今回私たちは4箇所のワイナリーを巡ってテイスティングをしました!

 

テイスティングの様子

©tabi-runrun.com

 

 

おすすめ!ヤラバレーワイナリーツアー

私たちがツアーで巡ったワイナリーはこちらの4件です!

 

■スティールズ・ゲート・ワイナリー(Steels Gate Wines)

■バルゴウニー・エステート(Balgownie Estate)

■イエリング・ファーム(Yering Farm)

■ドメイン・シャンドン(Domaine Chandon)

 

ヤラバレーのツアーは正直たくさんあります。

その沢山の中から参加したツアーを選んだ理由は、

ズバリ!

「ドメイン・シャンドン(Domaine Chandon」

へ行くからです!

 

モエシャンのワイン

©tabi-runrun.com

 

これは、日本でもかなり有名な「ドンペリ」で知られるフランスの老舗シャンパンメーカー「モエ・エ・シャンドン(以下モエシャン)」のワイナリーなんです!

ドンペリももちろん有名ですが、同社のシャンパンブランド「モエシャン」もかなり有名で、通称「モエ」って言ったりしますよね?

 

 

このモエシャンは、日本だけでなく世界で有名なので、もちろんオーストラリアでも有名なワイナリーです。

 

こんなに有名なら、どのヤラバレーワイナリーツアーにも絶対入っているでしょ?

と思いがちなのですが、モエシャンのワイナリーがツアーにはいっていないことも><

なので、私たちのこだわりは、モエシャンのワイナリーに行けるツアーを第一に考えました

 

ちなみに、日本語でモエシャンのドメインシャンドンが含まれているツアーはこちらです↓↓
【日本語ツアー】ヤラバレーワイナリー ドメイン・シャンドンなど4軒のワイナリーツアー〈軽食付/試飲付〉

ヤラバレー 4選ワイナリーへ出発

今回ツアーで行ったワイナリーについての流れやワイナリーについて紹介します。

どこもやっぱり味が違ってて、同じワインは一つもなかったです。

まずツアーはメルボルンシティのいろんなところでピックアップしてくれるので自分の滞在の近くを選ぶといいです!

私たちは「旧メルボルン監獄前」を選びました。

 

Google map:旧メルボルン監獄前

 

旧メルボルン監獄前

©tabi-runrun.com

 

 

予定ピックアップ時間より10分ほど遅れてバスは到着。

英語ツアーなので、バスは満員かつ欧米人ばかり。
アジア人は私たちともう1組だけでした。

ツアーバス

©tabi-runrun.com

 

 

スティールズ・ゲート・ワイナリー(Steels Gate Wines)

1番初めに行ったワイナリーは、「スティールズ・ゲート・ワイナリー(Steels Gate Wines)」でした。

すごく綺麗なワイナリーで、ぶどう畑の隣に施設があります。

第一回目のテイスティング。
お兄さんが1本ずつ丁寧に説明してくれます。

白と赤全部で7本を試飲したと思います。

本当に少しずつなので、この1件でグラス1杯くらいの量を飲みました!

ワインテイスティング

©tabi-runrun.com

 

 

レストランも併設になっているので、ランチも楽しめるワイナリーです。

 

私はこのツアーで本当にコレだ!と思うワインがあったら買って帰ろうと思いました。

でも、1件目では出会えず断念。

 

 

バルゴウニー・エステート(Balgownie Estate)

バスで5分ほど移動してもう次のワイナリーに到着しました。

ここではツアーに含まれているランチが実食できるワイナリーでした!

これが結構楽しみというか、空きっ腹だったので早く何か食べたくてしょうがなかったですw

でも着いたらまずテイスティング!
お腹すいたよーーー!と思いながら飲んでいました笑

 

ここのワイナリー、結構美味しかったです!

もし個人で行く方はここのワイナリーに寄ってもいいかもです!

初めに出たのはスパークリングワイン。これが結構美味しくて、買おうか迷うレベル。
(私基準ですw)

 

そして2つ目の白も美味しい!というか水のようにゴクゴク飲めちゃう喉越しいいタイプのワインで、渋みが好きな人には物足りないかもですw

 

2件目テイスティングワイン白

©tabi-runrun.com

 

赤は結構渋くて、えーコレ飲めないかもってやつが1番高かったですw
私の味覚が悪いのか、ワインは値段じゃないのか謎です。。。

 

そして最後は赤ワインのスパークリングワインを飲みました!
これも美味しかった!!!
赤ワインのスパークリングワインはなんだか珍しい気がして嬉しかったです!

赤いスパークリングワイン

©tabi-runrun.com

 

ツアーのランチ

このワイナリーの中のレストランでランチをしました。

 

バスの中でメニューを見ていて、既に決めていました。
そして1杯グラスワインも付いてきます!

 

ちなみに、ツアーで予定して書いてあった内容と違ってめっちゃ残念。

私はポーク!旦那はリゾット。

ポークは少し中華風な味でした。

ランチ ポーク

©tabi-runrun.com

 

 

リゾットはブロッコリー、インゲン、グリーンピース。
全部私が苦手な野菜www

ランチ リゾット

©tabi-runrun.com

 

私たち、料理の選択ミスをしました。

私たちは白ワインが好きなので、グラス白にすると決めていました。

なのに白ワインを飲んだら、お魚のほうが合う気がしますw

頼んでから、あ、魚にすれば良かったと2人で後悔w

食べたい料理を選ぶのもいいけど、ワインに合う料理を選ぶのがいいかもですw

 

この時に飲んだ白ワインがめちゃくちゃ美味しくてこれ買いたいかもと思ったのですが、ご飯を食べている間にそんなことすっかり忘れちゃいましたwww

ランチ 白ワイン

©tabi-runrun.com

 

なのでここのワイナリーでも何も買わず、、、。

 

 

イエリング・ファーム(Yering Farm)

ご飯も食べたし、結構飲んだし満足。というか結構酔ってましたw

ここのワイナリーは小さくレストランも併設していなく、とてもこじんまりしたワイナリーでした。

それがまた可愛くて素敵なワイナリー。

 

けどこれ以上無理して飲むとモエシャンで飲めなくなってしまうので、体調を調整しながらテイスティング。

3件目テイスティング

©tabi-runrun.com

 

テイスティングワインは7種類。
そして1種類アップルサイダーを飲みました。
(アップルサイダーは一応ビールです)

 

ツアー特典で1つ好きなワインがプレゼントされるので、このワイナリーで1人1本選んでいいと言われました。

 

 

でも2人で参加して2本もらえるなんて超ラッキー!!!!

特典ワインプレゼント

©tabi-runrun.com

 

酔っていたこともあって、テイスティングが終わったあとに他の参加者と巨大ジェンガを楽しみましたw

巨大ジェンガ

©tabi-runrun.com

 

 

ドメイン・シャンドン(Domaine Chandon)

さて私たちお目当ての「ドメイン・シャンドン(Domaine Chandon)」

というかツアー参加みんなのお目当てですねw

 

ツアーだから行けたのかわからないのですが、ワインクーラーへ入ることができました!!

ここでモエシャンのワインについて説明を受けます。

ドメインシャンドンワインクーラー

©tabi-runrun.com

 

ここではテイスティングではなく、プレミアムスパークリングワインをグラス1杯プレゼントでした。
4種類の人気のプレミアムスパークリングワインの中から1つ選びます。
お兄さんが1本1本説明してくれて、たまに日本語も話してくれて、ワクワク。

ドメインシャンドンテイスティング

©tabi-runrun.com

 

で、私たちが選んだのはこの2つ。

左)Sparkling Pinot Shiraz
オーストラリアのモエでしか販売していないスパークリングワイン
甘くてデザート感覚のワイン

 

右)vintage Brut Rose 2014
辛すぎず、甘すぎないロゼ。揚げ物や刺身に合うタイプのワイン
ピンクのラベルが可愛いです。

 

選んだプレミアムスパークリングワイン

©tabi-runrun.com

 

どっちも本当に美味しいです!

左の赤が濃い方はやっぱり食事を一緒にしちゃうと重くなってしまうので単体のがいいと思いました。

逆に、右のロゼはわりとすっきりなので食事と絶対合う!

という感じでワインによって全然タイプが異なってますw

 

 

プレミアムスパークリングワインをグラス1杯貰った後は少し自由行動でした。

この間に、全種類のテイスティングを別途でできます。

お金を払ってでもテイスティングしようとしたんですが、もう酔いが限界なのと自由時間もそんなに長くなかったので断念。

また、テイスティング料が他のワイナリーと比べて高い
1人12ドル

1件目ここだったら100%テイスティングしてたのですが、、、。

テイスティングしてる人たちのを撮った↓

モエテイスティング

©tabi-runrun.com

 

 

でも、こんな大自然で美味しいモエが飲めて幸せです。

車できたらどっちかが飲めないので、夫婦そろって飲めたことも良かった。

ツアーに参加して大満足です◎

©tabi-runrun.com

 

 

ヤラバレーワイナリー まとめ

ヤラバレーワイナリーツアーはかなり楽しめました。

ワインが好きなので、テイスティングだけでも沢山飲めてとても良かったです。

ワインが好きじゃないと結構大変だと思いました。。。

 

今回のツアーは完全英語ツアーです。

アジア人もほぼ私たちだけでした。
アジア率高いかなって思ってたけど、英語圏の方ばかりなので、喋りかけて英会話しましたw

もう酔ってるので喋りかけれますw

帰りのバスではお隣さんと話しちゃいましたw
これもワイナリーツアーも醍醐味ですw

酔った勢いでシャイな私も英会話!

日本語ツアーももちろんあるのですが、勇気を出して英語ツアーもアリです!
(英語ツアーのほうが安い場合もあるので!)

 

ドメインシャンドンへ行く英語ツアー↓

【ランチ・試飲付き】ドメイン・シャンドンなど4件ヤラバレーワイナリーツアー

 

日本語ツアーでドメインシャンドンが含まれているツアー↓

【日本語ツアー】ランチ・試飲込みドメイン・シャンドンなどヤラバレーワイナリーツアー

 

メルボルンに来た際には、ぜひヤラバレーのワイナリーへ行ってみてください。

 

コメント

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました