ウォール街の見どころはココ!まとめて教えます!

海外旅行情報を随時発信中♪フォローして旅知識をGET☆彡

フォローして旅ルンルンの更新情報を受け取る!

 

 

ウォール街と言ったら世界の金融の中心地!

高校の時に世界史で勉強している人は、世界恐慌が起こった場所ということで知っている方も多いのではないでしょうか。

やはり、ウォール街もニューヨークのマンハッタンにあります!

割と見て回るスポットなのでちょっとした時間つぶしにも最適です◎

定番観光スポットウォール街の見所をご紹介したいと思います!

©tabi-runrun.com

スポンサーリンク

ウォール街について簡単に紹介!

少しでも前情報があると観光はしやすくなるし、楽しくなると思うので、簡単にウォール街を説明します。

ウォール街はニューヨークのマンハッタンにある金融街のことです。

超大手の金融機関が本店をここに構えており、ビジネス街といった雰囲気の地域です。

また、よくTVで中継のあるニューヨーク証券取引所もここにあります!

そのため、世界の金融の中心地とも言える場所です。

観光客も多いですが、高層オフィスビルも多く、多くのビジネスマンが街を行き交っています。

©tabi-runrun.com

また、ウォール街といえば1929年の世界恐慌が起きた場所としても有名です。

このウォール街で株価が大暴落したことをきっかけに、世界中が大恐慌となりました。

この際は1日で140億ドルが消し飛んだそうです。

©tabi-runrun.com

スポンサーリンク

ウォール街の観光スポット

歴史あるウォール街はどこをおさえて観光したら良いのか、観光スポットを紹介していきたいと思います。

ニューヨーク証券取引所

世界の証券取引所の中で最も有名で規模が大きい所です。

また、上場のための審査もとても厳しいことで有名です。

超一流企業ばかりが上場している市場で、日本企業ではトヨタ、ホンダ、キヤノン、ソニーなどが上場しています。

Google map 座標:ニューヨーク証券取引所

©tabi-runrun.com

フェデラルホール(旧市庁舎)

フェデラルホールは元々市庁舎があった土地に建てられた記念館です。

ここはアメリカの歴史を語る上では非常に重要な場所です。

元々は市庁舎として利用されていたこの建物は、ニューヨークがアメリカ初の首都と認定された後に、アメリカ合衆国の議会議事堂として利用されていました。

もちろん第1回のアメリカ議会もここで開催され、その際に権利章典が採択されたことをきっかけに、フェデラルホールと名を改めました。

なお、その後首都がニューヨークではなくなったことをきっかけに再び市庁舎として利用されましたが、市庁舎の移転に伴い取り壊されました。

現在ある建物は、アメリカ合衆国の税関として建てられた建物のようです。

Google map 座標:フェデラルホール

©tabi-runrun.com

また、アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンが大統領に選出され、就任演説を行ったのもここです。

下記の写真で皆さんが記念撮影をしているのが、フェデラルホールの目の前にあるアメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン像です。

©tabi-runrun.com

金運UP!チャージングブル

ウォール街のあるファイナンシャルディストリクトにある、金の牛の銅像です。

この牛はニューヨークのお土産ショップにもポストカードや飾りが売っています。

なぜ牛の銅像かというと、投資の世界ではBull(雄牛)は上昇相場を意味するようです。

きっと縁起がいいからBull(雄牛)を置いたんですねw

これはイタリア系アメリカ人によって制作され、当初はニューヨーク証券取引所の前に勝手に置かれたみたいですwww

当然のごとく、証券取引所の前はすぐに撤去となり、後に今の場所に落ち着いたそうです。

Google map 座標:チャージングブル

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

この像はパワースポットとしても有名で、触ると幸運になれるということで、沢山の観光客が訪れては写真撮影をしています。

特にチャージングブルのキン○マを触ると幸運?お金持ち?になれるとのことで、観光客に人気です!!!

©tabi-runrun.com

トリニティ教会

ここは全日礼拝が可能な教会です。

焼失等により建て直されたりしていて、現在の建物は三代目になるのですが、ニューヨークで最も古く歴史ある教会のようです。

Google map 座標:トリニティ教会

©tabi-runrun.com

敷地内には墓地もあるのですが、ここにあの有名なアレクサンダーハミルトンのお墓があります。

アレクサンダー・ハミルトンは現在ミュージカル「Hamilton」で一躍有名となっていますが、1ドル札に描かれている人物です。

©tabi-runrun.com

FBR(連邦準備理事会)

FRBは、「The Federal Reserve Board」の略です。

日本でいうと、日銀(日本銀行)にあたります。

FRBは、アメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関で、アメリカの金融政策やFFレートの金利誘導目標を決定しているとっても重要な場所です。

日本語では、「連邦準備理事会」とも呼ばれています。

Google map 座標:FRB

以下の写真はウォール街にあるFRBです。

©tabi-runrun.com

ウォール街はどのあたり?

ウォール街はマンハッタンの中でも、1番下にあります。

ブロードウェイやセントラルパークらへんを楽しんでいる途中に予定を組むと効率よく回れないので、ご注意!


引用:Google map

なので、自由の女神、ブルックリン橋、ワールドトレードセンターへ行く時にウォール街を見て回るのがおすすめです。

頑張れば全て徒歩圏内です!

ぜひ世界の金融街を歩いてみてください!

関連記事
スポンサーリンク
この記事をお届けした
旅ルンルンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ブログランキング参加中です!
「参考になった!」という方は、クリックしていただけると今後の励みになります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ   にほんブログ村 旅行ブログへ   にほんブログ村 海外生活ブログへ   にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

   

 

 

この記事をシェアする!

フォローして旅ルンルンの更新情報を受け取る!

関連記事