【メルボルンカフェ巡り】~クロワッサンの美味しいカフェ♪~

メルボルン
この記事は約7分で読めます。

オーストラリアのメルボルンにはオシャレカフェが本当にたくさんあり、どこへ行こうか迷ってしまいます。

ですが、メルボルンのカフェは土日は閉まっているところもあったり。

でも土日にも元気にオープンしていて、オーストラリア人がゆっくりブランチしているカフェもちらほらあります!!!

そんな中、今回ご紹介するカフェは、金・土・日曜日の三日間8時~14時までしかオープンしていない素敵なクロワッサンのカフェをご紹介します♪

午前中には売り切れてしまうので本当なら秘密にしておきたいのですが、店員さんがいい人だしお店も可愛かったので特別に♡

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クロワッサン専門店のカフェ 「Penny For Pound」

クロワッサン専門店なので、お店のショーウィンドウには、パンはクロワッサンしか並んでいません。

でも、変わったクロワッサンが多くて、見た目もとっても可愛いのです♡

 

■店名
『Penny For Pound』

お店の外観は、とってもシンプルなんですが、扉がティファニーブルーでわかりやすいです!!

©tabi-runrun.com

入ってみると、席は4席ほどのカウンターのみでテイクアウトする人が多いお店です。

パンのショーウィンドウにはクロワッサンのメニューのみ。

©tabi-runrun.com

 

一番のお目当ては、「ストロベリーチーズケーキクロワッサン」なのですが、午前中の早い段階で売り切れてしまったそうです><

とっても悲しい。。。

 

©tabi-runrun.com

 

他にもケーキのショーウインドウもありました!

 

©tabi-runrun.com

 

 

今流行りの「Cruffin(クラフィン)」

パンプキンが入ったクロワッサンや、ハム&チーズ、アーモンドなど、売り切れていたのも多いのですが、変わったクロワッサンがありました。

 

©tabi-runrun.com

 

あれ?プレーンのクロワッサンがないのかな?と思いました。

お目当てのがないの「ストロベリーチーズケーキクロワッサン」がなかったのですが、今回は『Cruffin(クラフィン)』にしました!!!

 

『Cruffin(クラフィン)』って???

クロワッサンとマフィンを組み合わせたハイブリッドスイーツ!!!
サンフランシスコのベイカリー発祥の人気のペストリー♡
中にはクリームかジャムかチョコレートなどが入っていることが多い。
引用:macaroni
確かに、形はマフィン、生地はクロワッサンでした!!!
中に何が入っているかわからないけど、とっても可愛いし、新感覚のハイブリッドスイーツなのでコレに決めました♡

©tabi-runrun.com

 

でもお目当てのクロワッサンが食べれなかった私の顔から悲しみがにじみ出てみたいで、お店のお兄さんがサービスでプレーンのクロワッサンをくれました!!!

 

私はプレーンのクロワッサンも食べたかったのですが、ショーウインドウになかったのでそれも残念だったのですが、もらえたのでラッキーでした!

 

チャイラテも注文して、Cruffin(クラフィン)、プレーンクロワッサンをお店でイートインしました♡

 

©tabi-runrun.com

 

クロワッサン専門店カフェ 「Penny For Pound」の感想

Cruffin(クラフィン)

今回注文した『Cruffin(クラフィン)』の中には、レモンクリームが入っていました!
サクサクした生地の中から少しクリームが出てきてとっても美味しかったです。

 

©tabi-runrun.com

 

Cruffin(クラフィン)はマフィンとクロワッサンの融合らしいのですが、形はマフィンで味はほとんどクロワッサンだと思います笑

けどとっても好きなので、また注文したいと思うCruffin(クラフィン)でした!

ほかの日は違うクリームが入っているかもしれないので、何度来ても飽きないと思います笑

 

クロワッサン

プレーンのクロワッサンは出来立てだったので、尚更感動してしまいました!!!!
外はサクサク生地、中はバターと甘みが引き立つ生地でものすごい美味しかったです。

今まで食べたクロワッサンの中で、1番です!

 

©tabi-runrun.com

 

ショーウインドウにプレーンのクロワッサンが並んでいないのですが、今度からプレーンのクロワッサンが買えるか確認しようと思います笑

 

チャイラテ

メルボルンといえばコーヒーなのでラテかフラットホワイトを注文したいところですが、私はチャイラテが大好きなので今回は温かいチャイラテにしました。

こちらは自分で注ぐタイプで、茶葉を調整してゆっくり味わって飲めるのが良かったです♡

 

©tabi-runrun.com

 

「Penny For Pound」の場所はどこ?行き方!

場所はメルボルンのcityからトラムに15分ほど乗っていけるリッチモンドというエリアにあります!

■住所
410 Bridge Rd, Richmond VIC 3121

■最寄トラム
Coppin St/Bridge Rd
トラムの48か57に乗ると行くことができます!
メルボルンcity(CBD)からですと、トラム48に乗って行くことができます!

 


Google map座標:Penny For Pound

 

■開店時間
金曜・土曜・日曜
8時~14時

 

私たちは12時くらいに行ってもうあまり商品がなかったので、朝早く行くことをかなりおすすめします!!!!!
沢山の種類から選ぶほうが楽しいので♡

帰る頃には、もっとなくなっていて12時でギリギリセーフでした。。。

 

©tabi-runrun.com

 

お店はとっても小さく、こじんまりしていて隠れ家みたいなので、何時間も居座るお店ではないのですが、フラ~と寄って少し楽しめるそんなカフェでした♪

今度は、クロワッサンとラテをテイクアウトして公園や川沿いで楽しみたいです!(この日は雨が降る寒い日だったので断念><)

 

コメント

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました