夏季限定!ガバナーズ島に行ってみよう!

スポンサーリンク

隠れた名所!ガバナーズ島の雰囲気が最高!

ニューヨークに来たら観光にショッピングで大忙し、マンハッタンの外に出ることは考えていない!なんて人も多いかもしれません。

しかし、外から見るマンハッタンの景色も実は最高なので、息抜きがてらマンハッタンの外にも出て見ることをおすすめします!

©tabi-runrun.com

中でも先日訪れた、マンハッタンから船で10分ほどのガバナーズ島が最高だったので紹介したいと思います!

©tabi-runrun.com

ガバナーズ島とは?

ガバナーズ島なんて聞いたことがないという方も多いかと思います。

実は私もそうでした。

そんな方のためにガバナーズ島についてまずは簡単に説明します。

ガバナーズ島はマンハッタンの南にある小さな島で、かつては軍用の島として使われていました。

そのため、よーく目を凝らして見てみると、島内には大砲や窓ガラスが全て割れた建物など、当時の様子がうかがえるものがあります。

©tabi-runrun.com

現在は観光地として利用されていて、夏から、秋にかけての期間限定で観光地として解放されます。

アクセスはマンハッタン、またはブルックリンから出るフェリーのみで、自由の女神やマンハッタンの街並み、ブルックリンブリッジを見渡すことができます。

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

ガバナーズ島の行き方は?

ガバナーズ島はフェリーでのみいくことができます。

フェリー乗り場はマンハッタンとブルックリンにあるので、観光客が泊まることの多いマンハッタンから行く方法が主流です。

©tabi-runrun.com

マンハッタンから行く場合は、マンハッタンの南端、south ferryの隣にあるPort Liberte and Battery Maritime Building(以下BMB)からフェリーに乗ります。

Pier11からもガバナーズ島行きの船が出ていますが、こちらは混雑しているので待ち時間が長い上、料金も少しだけ割高なので、BMBから行くことをおすすめします。


ルート検索をしたい方はコチラから!

フェリーは30分おきに出ていて、ガバナーズ島までの所要時間は10分ほどです。

©tabi-runrun.com

フェリーの乗り方

フェリー乗り場ですが入り口はこのようになっています。

©tabi-runrun.com

まずは、この入り口から入ってチケットを買いましょう。

大人1人、往復で3ドルです。

料金を支払うとレシートをもらうので、これを持ってフェリーに乗って下さい!

©tabi-runrun.com

帰りの際は特に何かを見せる必要はなく、そのままフェリーに乗り込める仕組みになっています。

ただ、念のためレシートは持っておくといいかと思います。

ちなみに、フェリーの出港スケジュールは以下の写真の通りなので、参考にしてください!

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

島に着いたら何をする?

船に乗るとわずか10分ほどで、ガバナーズ島に到着となります。

島に近づくとGOVERNORS ISLANDと書かれたゲートが近づいてくるのでわかるかと思います!

©tabi-runrun.com

島では何をするというわけでもないのですが、自由の女神をみたりマンハッタンの街並みを見たり、のんびりとするのがおすすめです。

島内のマップは以下の通りですが、大体右側半分にほとんどの観光スポットが集中してるイメージです。

©tabi-runrun.com

島の見どころを簡単に紹介

ガバナーズ島の見どころをいくつか紹介したいと思います。

①丘の頂上から見える景色

ガバナーズ島には、The Hillsという小さな丘があり、この頂上からの景色がとにかく絶景です。

©tabi-runrun.com

左側には自由の女神、右側にはマンハッタンの街並みが見えます!

島の1番奥の部分にはなりますが、是非登っていただくことをおすすめします!

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

②野球場からの景色

The Hillsに向かう途中に2つの野球グラウンドがあります。

しつこくなりますが、このグラウンドからも自由の女神とマンハッタンの街並みを臨むことができ、なんて贅沢なグラウンドなんだと思いました。

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

ベンチや外野の芝生で休憩しながら、この絶景を見てぼーっとしている人が多く、おすすめスポットの1つです。

©tabi-runrun.com

③ハンモック

The Hillsに向かう途中には、いくつかのハンモックが設置されています。

ハンモックは人気なので中々空きがないのですが、もし空いていたら是非使ってみてください!

ニューヨークの青空を見ながら、ゆっくりとした時間の流れを味わえるはずです。

©tabi-runrun.com

④島の農場

島には1箇所だけ農場があり、野菜の栽培をしています。

小さな農場ですが、様々な野菜を栽培していて、見ていて飽きません。

あのディズニーからのサポートを受けているようですよ!

©tabi-runrun.com

©tabi-runrun.com

その他にも昔ながらの建物や、広場があり、週末はここでイベントが開催されたりもしています。

©tabi-runrun.com

忙しくてあっという間に時間が過ぎてしまうニューヨークですが、たまにはのんびりと孤島で探してみるのもいいと思います。

夏季限定ですが、本当におすすめの島なので、タイミングの合う方は是非訪れて見てください!